SCジョンソン社Greenlist™プログラムにより製品の成分を評価

SCジョンソン社のGreenlist™プログラム:人々の健康や環境の保護に、より役立つ製品の成分を選択

SCジョンソン社は2001年よりGreenlist™プログラムを導入し、人々の健康や環境の保護により役立つ成分を選択してきました。
当社が使用する成分にはすべて、ハザードとリスクを検討する、科学に基づいた4ステップの評価を行います。 
皆様がご家族のために何か新しいものを作るとしたら、使用する成分がご家族にとって良い選択であるか考えることと思います。当社の製品開発プロセスもそれと何ら変わりありません。

2001年よりSCジョンソン社Greenlist™成分選択プログラムを導入し、人々の健康や環境の保護により役立つ成分を選択することで、製品の継続的な改善を行ってきました。

決して安価なアプローチではありませんが、法規制で定められている基準をはるかに超える安全レベルを追求しています。SCジョンソン社の製品を使用するお客様およびすべてのご家族に対し、当社は常に十分な情報に基づく選択を行うことをお約束します。すなわち、成分評価に十分な時間とリソースを費やし、得られた情報に基づいて製品の効果と安全性を高める方法を決定するということです。
SCジョンソン社のあらゆる製品に使用される全成分は、当社の厳格な基準を設けたGreenlist™プログラムにより確認されています。そのプログラムで最も重要なのが、ハザードとリスクを検討する、科学に基づいた4ステップの評価プロセスです。本プログラムは、クラス最高のデータコレクションに基づいており、継続的な製品改善への当社の取り組みにより推進されています。

当社は、評価プロセスの4ステップすべてに合格した成分を選ぶよう、細心の注意を払っています。ごくまれに、殺虫剤に含まれる有効成分など、最も効力のある成分が4ステップのいずれかで不合格になってしまう場合があります。その場合、製品のリスク評価を行い、人体や環境にとって安全な成分量を決めますが、より厳重な注意が必要です。

評価では以下の基準に焦点を当てます:

ステップ1:人の健康に慢性的な影響を及ぼす成分(がんや生殖疾患を引き起こす可能性がある成分)かどうかを確認します。このステップでは、カリフォルニア州法条例案65や世界保健機関の国際がん研究機関による研究論文などをデータソースとして使用します。十分に注意を払って評価を行いますが、当社が使用する成分の大半はこのステップをクリアできます。殺虫剤などの製品に含まれる成分でごくまれにこのステップに不合格になるものがありますが、それらについては、人の健康や環境に影響を及ぼす可能性のある最小量に対して1,000分の1未満の安全性要因を設定します。

ステップ2:長期的に環境に影響を及ぼす成分(残留性、生物蓄積性、有害性がある可能性のある、いわゆる“PBT”)かどうかを確認します。このステップでは、欧州化学機関(ECHA)やECHAの高懸念物質リスト、米国環境保護庁のPBTプロファイラー、PBTアセスメントの基準などをデータソースとして使用します。ステップ1と同様に、PBTであることが判明した物質は評価に不合格となり、以下で説明する通り、安全な使用評価の対象となります。

ステップ3:人の健康や環境に急性的な影響を及ぼす成分
(哺乳動物/水生毒性)かどうかを確認します。ステップ1、2で確認した長期的な影響とは異なり、このステップでは大気中への揮発性有機化合物(VOC)の排出や皮膚炎など、短期的な影響を及ぼす可能性があるかどうかに着目します。このステップでは、サプライヤーの安全データシートやアメリカ国立衛生学研究所のTOXNET、経済協力開発機構のガイドラインなどをデータソースとして使用します。製品の用途により、ここで不合格になる場合があります。例えば、虫に対して効果を発揮してもらいたい殺虫剤は、人間にとっては安全でなければなりません。特定の製品で使用される特定の成分に対しては、それぞれ異なるレベルの影響を想定しています。

ステップ4:その他の影響を及ぼす可能性がある成分
(例えば、皮膚アレルギーの反応を引き起こすなど)かどうかを確認します。Greenlist™プログラムは、当社製品やプログラム自体の継続的な改善を目的としています。最終ステップは、データが作成中または評価方法が開発段階にある成分を対象としており、今後追加できそうな新しい基準を検討していくことになるかもしれません。現時点では、このプロセスでは皮膚アレルゲンに焦点を当てています。これまでの枠を超え、さらなる透明性の実現を目指し、社外でも使用可能な、科学に基づいた皮膚アレルゲンの特定と透明性のプロセスを開発しました。ここに登場する成分は影響を及ぼさないよう少量しか使用されていませんが、当社はこのGreenlist™の新しい基準が、お客様に役立つ情報になると考えました。
 
科学は真実を語ります。そして、成分が及ぼすインパクト、そのインパクトを緩和する方法、そして余計な成分を一切使わないことが最善のケースを明確にします。
SCジョンソン社会長兼CEO、フィスク・ジョンソン
酸素や水も例外ではなく、この地球に存在する成分はどれでも、過剰に摂取すると有害になることがありますが、低度の曝露量であれば、どれも安全に使用できます。そこで、当社製品で使用している成分は、どの程度が安全であり、安全でないのかを判断すべく、当社は全製品を評価することを義務付けています。当然のことながら業界が定めた安全基準はありますが、当社が目指しているのは、その一般的な基準のさらに上です。

まずは、継続的なデータコレクションの情報を活用し、ハザード評価を行います。上述した4ステップの評価プロセスです。危険の可能性がある場合、成分評価を行い、人の健康や環境に原因不明の悪影響を及ぼすことなく、どれくらいの濃度で成分を使用できるのか特定します。それが成分を安全に使用できるレベルです。

次に、曝露量に焦点を当てた評価を行います。評価を行うにあたり、製品の本来の用途と、それ以外でどのように使われる可能性があるかを把握します。例えば、ガラスクリーナーは食事の準備をするキッチンカウンターで使われることがあるかもしれません。また、使用頻度が1週間に一度の製品を、清掃員が毎日使用することも考えられます。

当社はどの成分をどの程度使うのかを決める際に、考えられるあらゆる用途を考慮し、常に標準の上を行く製品づくりを目指しています。
動画
天然成分と化学成分の比較
化学成分によっては、合成成分や天然成分よりはるかに安全性が高い場合もあります。当社の研究方法をご覧ください。 
Greenlist™プログラムの基盤となる4ステップの成分評価テストでは、サプライヤー情報および科学的信頼性が保証された一般公開データを使用します。™

また当社では、使用を認められていない成分を定めた「容認されない」成分リストを保有しています。リストには、約90の原材料カテゴリーに分類された200種類超の原材料、および2,400超の香料物質が含まれます。 

これらの材料はどれも法規制の要件を満たしており、競合他社では使われることも珍しくありませんが、SCジョンソン社の基準を満たしていません。

PVC(ポリ塩化ビニル)など、本リストに含めることが即座に判断される材料もあれば、潜在被ばくや製品にリスクを及ぼすと思われる事項について、追加評価を必要とする材料もあります。当社の「容認されない」成分リストは定期的に見直され、新たな科学技術や政府の方針・規制改正の動向に則した対応を徹底しています。 

とはいえ、容認されない材料はSCジョンソン社の製品に使用しないよう取り組む一方で、使用を避けられない状況も時に生じます。主な理由としては、同じ性能を発揮する、もしくは製造プロセスの要件を満たす代替材料がないこと、候補になった材料の採用がコスト面で難しいことが挙げられます。

このようなケースはごくわずかですが、容認されていない材料が継続的に使用される例外がありえます。しかしながらこれらの例外は稀であり、2年ごとに社内上層部の厳格な審査を受け見直されています。
SCジョンソン社Greenlist™プログラムは、堅牢で一貫性があり、科学的な正確性に基づく柔軟かつ革新的な手法です。SCジョンソン社の製品組成の安全性に関するデータは、継続的な改善が期待できるでしょう。
アレクサンドラ・マルテンス博士(Greenlist™プログラムの外部審査員を務める専門家)
長年に渡って改善され拡大し続けているSCジョンソン社Greenlist™プログラムは、専門家や科学的権威者と共有されてきました。同プログラムはイギリスのフォーラム・フォー・ザ・フューチャー、およびアメリカ合衆国環境保護庁といった専門家によるアドバイスを受けて作成され、世界自然保護基金などの組織による審査を受けています。

また、2015年世界環境センターゴールドメダル、2011年セイファー・バイ・デザイン、2006年プレジデンシャル・グリーン・ケミストリー・アワード、2006年ロン・ブラウン・アワード「コーポレートリーダーシップ」など、数々の賞を受賞しています。

当社は今もなお、継続的に同プログラムを審査しさらなる改善の機会を模索しています。2017年、当社は、人体や環境への有害物質分野における一流の専門家とGreenlist™プログラムの詳細情報を共有し、独自の審査を実施しました。彼らのフィードバックにより、Greenlist™プログラムおよび基本として採用している基準やデータ、そしてリスクとハザードを考慮した成分選択の科学的アプローチの正当性が立証されました。 

例えば、審査員の1人、毒物学者のアレクサンドラ・マルテンス博士(環境リスク管理協議会メンバー、ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院の研究者)は、次のように述べています: 

「SCジョンソン社Greenlist™“プログラムは、堅牢で一貫性があり、科学的な正確性に基づく柔軟かつ革新的な手法です。SCジョンソン社の製品組成の安全性に関するデータは、継続的な改善が期待できるでしょう。本手法には、包括的なデータ分析、データ品質を評価する明確な公式、潜在的被ばくに内在するハザードとそのリスクに関する入念な考察が取り入れられています」。

また別の審査員は、当社のハザードとリスクに関する評価アプローチのバランスを、「目を見張るほど素晴らしい」と述べています。“

Greenlist™プログラムの詳細については、2017年SCジョンソン社サステナビリティ・レポートをご覧ください。

成分科学的根拠に基づいたSCジョンソン社の原材料選択の一例となるガラクソリド

GreenlistSCジョンソン社のGreenlist™プログラムでは、さらなる安全性の確保に向け4ステップの評価プロセスを導入しています。

GreenlistSCジョンソン社のGreenlist™プログラムでは安全基準を設定しています。2017年サステナビリティレポートからの抜粋

GreenlistSCジョンソン社のGreenlist™プログラムについて:2017年サステナビリティレポートからの抜粋

GreenlistSCジョンソン社のGreenlist™プログラムは、専門家による相互評価プログラムです。2017年サステナビリティレポートからの抜粋

GreenlistSCジョンソン社のGreenlist™プログラムは、データに基づき実施されています。2017年サステナビリティレポートからの抜粋

その他の記事

その他の記事

その他の記事