ルワンダにおける持続可能な栽培と経済的発展:SCジョンソン社が除虫菊栽培を支援

低所得階層の農家による除虫菊栽培を強化することは、そうした階層の家族の経済的発展につながります。
「このイニシアチブは、除虫菊のような持続可能な農作物の栽培を通じて、地域経済の成長を支援するパートナーシップの価値を示す好例です」 – SCジョンソン社会長兼CEO、フィスク・ジョンソン

家族の生活をよりよいものにするための当社の取り組みの一環として、当社は10年以上にわたり、世界の発展途上国における低所得階層(「貧困層」または「BOP」とも呼ばれる)の経済的発展に投資する機会を模索してきました。

最近の例としては、コカ・コーラ社およびルワンダ家庭健康協会とのパートナーシップによるEKOCENTERプログラムがあります。同プログラムでは、女性たちが経営する地域商店が、農村集落で蚊よけ防虫剤やその他の必要物資を供給しています。

しかし、当社の取り組みはそれだけではありません。例えば、2007年から2015年にかけて、当社はルワンダの地域農業協同組合の強化と生産量拡大を支援するための活動に出資しました。

SCジョンソン社、ルワンダの女性起業家と持続可能な栽培を支援
ルワンダにおける当社の取り組みの目的は、除虫菊栽培農家の収入の増加と生活水準の引き上げに加えて、女性農家のエンパワメントを行うことでした。

除虫菊(別名「シロバナムシヨケギク」)は、乾燥させた菊の頭花から抽出した植物由来の殺虫剤で、アフリカの地方農家により栽培されています。

SCジョンソン社では、世界中で販売しているレイドベイゴンなどの殺虫剤をはじめとする、当社製品の一部にこの除虫菊を使用しています。そのため、除虫菊の信頼できる供給源を確保することは、当社にとって重要でした。当社はそれまで40年にわたり、アフリカ東部から除虫菊を購入し、同地域の供給量を安定させる努力をしてきましたが、それを足掛かりに、2007年にはルワンダの除虫菊農家を支援する機会を模索し始めました。

2009年には、米国国際開発庁(USAID)およびテキサスA&M大学ノーマン・ボーローグ国際農学部との公式なパートナーシップ事業である「ルワンダ除虫菊プロジェクト」をスタートしました。その目的は、ルワンダの農家が栽培する除虫菊の生産高の増加と品質向上を通じて、彼らの収入増加と生活水準の引き上げを実現することでした。

数年間で、同パートナーシップは下記のような多くの成果を生み出しました。

  • 除虫菊の収集と運搬に関するベストプラクティスを推進するため、農業協同組合を設立。
  • 組合内部に生産者団体を再構築し、除虫菊のバリューチェーンから資金を吸い上げていた中間業者を排除。代わりに農家に利益が残るようにした。
  • 除虫菊栽培用の同じ面積の土地から農家が得られる収入を増加させるため、栽培手法を共有。
 

このイニシアチブは、除虫菊のような持続可能な農作物の栽培を通じて、地域経済の成長を支援するパートナーシップの価値を示す好例です。
SCジョンソン社会長兼CEO、フィスク・ジョンソン
  • 農家の家族が健康を維持できるよう、協同組合を通じて健康情報を提供。
  • 協同組合の会員はリーダーシップおよびグッドガバナンスに関するトレーニングを受講し、将来的により効果的な取引を行うために必要な知識を習得。
  • 除虫菊ライフラインプロジェクトにより、手回し式ラジオを遠隔地の農村集落に配布。農業関連のニュースや市場の傾向、健康情報、さらには種子繁殖や収穫に関するベストプラクティスなどのトピックを取り上げた収録済みの番組を継続的に視聴できるようにした。
  • サステナビリティトレーニングを通じて、持続可能な手法が農家の事業にもたらすメリットと持続可能な農具を紹介。

フィスク・ジョンソンと持続可能な栽培手法を学ぶルワンダの除虫菊栽培農家
ルワンダ除虫菊プログラム実施中、会長兼CEOのフィスク・ジョンソンはプログラムの様子を間近に見ようと現地を訪れ、参加者と交流しました。 

2015年6月にルワンダ除虫菊プログラムが終了する頃には、ルワンダにおける除虫菊の生産高は371パーセント増加し、農家にもたらした価値は2015年には150万ドル以上にまで向上していました。

プログラムの支援を受けた農家は5,000世帯以上。同プログラムでは、女性農家のエンパワメントを行い、協同組合内での意思決定や利益分配にも平等に参加できるようにすることを目指しました。

82名の女性除虫菊農家で構成される団体に所属するMaria Nyirambonizanyeは、同プログラムを通じて貯蓄団体を組織し、彼女の家計が大幅に改善したと語っています。「私はもう、学費をどうやって捻出しようかと考えて苦しむこともなくなりました」と彼女は明かします。

除虫菊農業協同組合プログラムによる支援を受けたルワンダの地方農家
Maria Nyirambonizanyeと彼女の夫も、ルワンダ除虫菊プログラムによる支援を受けた農家。
パートナーシップの最終段階で、除虫菊農家とそのコミュニティがこの先もずっと恩恵を享受することができるよう、ルワンダ除虫菊プログラムの責任と組織は現地のパートナーに移管されました。

当社の目的SCジョンソン社助成金:カナダにおける当社寄付金の申請方法

地域社会への寄付 SCジョンソン社は助成金および製品の提供を通じてコミュニティの発展に貢献

地域社会への寄付 SCジョンソン社の慈善事業とSCJ Giving, Inc.

当社の理念「This We Believe(私たちの理念)」が5世代にわたりSCジョンソン社を導いてきました。

健康蚊やその他の害虫が媒介する疫病との闘い:保護、予防と教育

昆虫が媒介する病気SCジョンソン社と蚊が媒介する病気の予防

その他の記事

その他の記事

その他の記事