読もうラシーン市:Dream Big!プロジェクトは、SCジョンソン社の企業の社会的責任へのコミットメントを示す一例にすぎません。

たったの1学年度で180万冊を読破した、SCジョンソン社主導の読書チャレンジ

児童リテラシーを祝福し読書の習慣を促すため、SCジョンソンは本社周辺の地域の子供たちに、100万冊の本を読みきろうという課題をなげかけました。その結果、子供たちが読破したのはじつに180万冊。
「読む力というのは、不可欠かつ基本的なスキルであり、すべての子供に対して初等教育で必ず教えるべきである。」 − SCジョンソン社会長兼CEO、フィスク・ジョンソン
SCジョンソン社は何十年にもわたり、当社の慈善事業戦略の中核として教育を掲げてきました。活動の一端としては、社員の子供たちへの奨学金提供、STEM教育への投資コーネル大学の支援が挙げられます。どんな教育であれ、すべては読み書きから始まります。
 
会長兼CEOのフィスク・ジョンソンは、次のように語っています。「読む力というのは、不可欠かつ基本的なスキルであり、すべての子供に対して初等教育で必ず教えるべきである。読む力は、子供たちにとって世界への扉となり、また将来実りある教育を受けるための基盤となる。」
 
ですが、心に留めておくべき現実として、米国では楽しみのために読書をする子供の数は、たったの半数。米国や世界においては、半数を下回る地域もあります。子供たちに読書の習慣を与えることは、きわめて重要です。
読む力は、子供たちにとっての世界への扉となり、また将来教育上の成功をとげるための基盤となる。
SCジョンソン社会長兼CEO、フィスク・ジョンソン
2011年に当社は、子供たちを元気づけ生涯にわたる読書への興味をひきだすための、独自のリテラシープログラムをコミュニティ内で行いました。ラシーンの子供たちに、その年の学年末までに100万冊の本を読むようチャレンジをなげかけました。

提携先のパートナーは、ラシーン市、ラシーン市の各小学校、ラシーン市民センター、ラシーンリテラシー委員会、Family Literacy of Racine、Cops ‘N Kids and Girls Inc.などです。

プログラムのコンセプトは、ラシーン市の1万人の小学生(公立、私立、教会教育をふくめおよそ500校)が、1学年をとおして一人平均100冊の本を読む、というものです。

地域内の子供たちは、先生や校長が当社の提供するプログラムツールキットを使用する教室はもちろんのこと、著者の訪問や、ライブでのパフォーマンスや音読、ボランティアの機会など、コミュニティのあちこちで身の回りのあらゆるテーマに関して読書にひたることになります。またSCジョンソン社は、より多くの子供たちが本にアクセスできるよう、コミュニティの移動図書館に資金提供しました。

さらにモチベーションと話題性を盛り上げるために、読書した本の数が最多の小学校には、当社から図書館新設のために10万ドルの寄付を贈呈することにしました。またピザパーティを開催したり、報酬を贈るなどして子供たちの努力を祝いました。
地域社会リテラシープログラム「読もうラシーン市:Dream Big!」をウィスコンシン州ラシーンで開幕するフィスク・ジョンソン。
楽しさいっぱいのコミュニティイベントで、チャレンジを開幕する会長兼CEOフィスク・ジョンソン。
私たちの甘い予想をはるかに上回り、ラシーンの子供たちはチャレンジの結果、180万冊の本を読みきりました。これは国内平均の年間読書量である、一人あたり40冊の4倍以上にあたります。2012年第一四半期において、ラシーン公立図書館における児童向け資料の貸し出しは25%近く増えました。

本チャレンジの終わりを飾り、当社は優勝したラシーン市ワデウィッツ小学校に10万ドルの図書館建設費を贈りました。次いで準優勝の学校には、各校2万5千ドルの図書館更新費用を贈りました。さらにSCジョンソン社は本プログラム全体をとおして、小学校の生徒と学内図書館を対象に、1万冊以上の本を寄付しました。
動画
100万冊を読みきったラシーンの子供たち
100万冊読破を援助したSCジョンソンのプログラムについて、コミュニティの子供たちの感想を聞いてみましょう。
5月に開催した祝賀イベントでは、いくつかのクラスにiPad、Kindleやギフトカードを贈呈しました。イベントでは、10代ポップスターのジャスミン・ヴィレガスを招きパフォーマンスも行いました。

フィスク・ジョンソンは次のように語ります。「今日のイベントでは、それぞれの達成を祝い合いました。ファミリーカンパニーとして、また長年ラシーン市に寄り添うコミュニティの一員として、当社は子供たちの未来に貢献できるよう力を入れており、読書はそのなかでも基礎となる支援です。」

地域社会への寄付 SCジョンソン社の慈善事業とSCJ Giving, Inc.

当社の目的SCジョンソン社助成金:カナダにおける当社寄付金の申請方法

地域社会への寄付 SCジョンソン社は助成金および製品の提供を通じてコミュニティの発展に貢献

当社の理念「This We Believe(私たちの理念)」が5世代にわたりSCジョンソン社を導いてきました。

ジョンソンファミリージーン・ジョンソン:SCジョンソン社の良心、そして児童の教育支持者として

透明性秘密はありません。SCジョンソン社は、芳香成分に対して100%の透明性を導入しました。

その他の記事

その他の記事

その他の記事