SC Johnson Institute of Insect Science for Family Healthの科学者たち

昆虫科学:蚊が媒介する病気と闘い、ご家族の健康を守る

SC Johnson Institute of Insect Science for Family Healthでは、科学者による蚊の研究を盛んに行っています。
SCジョンソン社の研究所には、蚊6種、ゴキブリ3種、アリ2種、セイヨウシミ、マダラシミ、イガのほか、数多くの昆虫がいます。 
地球上には数多くの昆虫が生息しています。これまで正式に確認された数は約100万種ですが、実際はその数十倍に及ぶという説もあります。また、一般的な家庭では、日々100種類以上の虫が活動している –という研究結果もあります。(ゾッとしますね!) 
 
ですから、皆さんのご家庭にも害虫がいる可能性が高く、蚊のような病気を媒介する虫がいる可能性もあります。 
 
SCジョンソン社は、こうした生物の存在について可能な限り多くの情報を持つ必要があることに、いち早く気づきました。そして、1957年に最初の昆虫研究所を開設しました。現在のSC Johnson Institute of Insect Science for Family Healthは、世界でも最大級の規模を持つ民間の都市昆虫学研究所です。
 
研究所では60年前から科学者たちが、皆さまを害虫から守るため、そしてマラリアやデング熱、ジカ熱のような感染症を媒介する蚊からご家族を守るため、信頼のおける製品づくりを続けています。 
ゴキブリ成虫の昆虫学研究
当社最大の昆虫研究所は、米国ウィスコンシン州ラシーンに位置するグローバル本社のすぐ近くにあります。この研究所では、マラリアやデング熱、ジカ熱、チクングニア熱などを媒介する蚊をはじめ、約20種の昆虫を飼育しています。 

当社の研究所では、ゴキブリ3種、アリ2種、セイヨウシミ、マダラシミ、イガ、各種の貯蔵食品害虫、イエバエなども研究しています。これに加えて、季節性のある虫も確保できるよう、野外採集プログラムも活発に行っています。 

研究所では常時85万匹の昆虫を飼育しており、年間の飼育数は1,500万匹に上ります。科学者たちが昆虫の習性や生態、害虫防除のあらゆる側面を研究する、管理と監督の行き届いた環境です。研究所で飼育している昆虫は、世界中の一般家庭に存在する害虫や病原媒介虫の代表例として特別に選ばれた種です。 
蚊が媒介する病気からご家族を守るための昆虫学研究
当社の昆虫研究センターでは、ご家族の健康を守る方法を発見するため科学者が研究を続けています。
研究所では2つの分野に重点を置いています。その1つは、製品の評価と開発です。この分野では、 Raid®、Baygon®、 All Out®ブランドで販売される殺虫剤と、 OFF!®やAutan®ブランドで販売される忌避剤(虫が皮膚に止まったり皮膚を刺したりすることを防止する製品)を科学者たちが開発しています。
 
このチームの研究は、広告の中で製品の効力を伝える際や、製品の使用上の注意をラベルに記載する際にも生かされています。これは何度でも強調したいことですが、殺虫剤や忌避剤はラベルの説明通りに使わなければ効果が出ないのです。
昆虫が媒介する病気は、世界中の人々に深刻な脅威を与えています。私たちはこれからもご家族の健康を守るお手伝いができるよう、昆虫研究のリーダーシップを担うことに専心していきます。
SCジョンソン社会長兼CEO、フィスク・ジョンソン
もう1つの分野は、応用昆虫学の研究です。こちらの分野では、研究者は昆虫を観察して習性を分析します。研究所には昆虫の生物学、生理学、生態学、行動毒性学、感染管理の専門家がいます。そして、最良の害虫駆除方法やそれを実現する機器を模索し、新たな技術を研究しています。 
 
私たちの仕事は製品を作ることですが、そこには製品開発以上の意義があります。虫はマラリアやデング熱、ジカ熱のように危険な病気を媒介するため、私たちにとってより重要な目的は、皆さんが虫からご家族の身を守り、健康を保てるようにすることです。 
 
昆虫が媒介する病気の蔓延に関する教育や問題解決に向けた当社の取り組みには、昆虫科学者による研究成果が大いに役立っています。 
Institute of Insect Science for Family Healthとは?
当社の研究所を訪れて、科学者たちが昆虫の生態や人間の健康を守る方法を研究している様子をご覧ください。 
家庭の健康を守るという、私たちのすべての業務の背後にある大切な目的を再認識するため、2017年に当社の研究所をSC Johnson Institute of Insect Science for Family Healthと改名しました。以前は、この研究所を単に昆虫学研究センターと呼んでいました。しかし、60年にわたって最先端の研究を続けてきた今、当社にとっての最優先事項を中心的課題にしたいと考えました。
 
改名に際し、会長兼CEOであるフィスク・ジョンソンは次のように語っています。「昆虫が媒介する病気は、世界中の家族に深刻な脅威を与え続けています。私たちはこれからも家族の健康を守るお手伝いができるよう、昆虫研究のリーダーシップを担うことに専心してまいります」
 
また、ラシーンにあるフラッグシップセンターも、フィスクの母であり4代目経営者サム・ジョンソンの妻であるイモジーン・パワーズ・ジョンソンに敬意を表して改名しました。
 
コーネル大学で数学を学び、コンピューター黎明期にプログラマーとして活躍したイモジーンは、常にSTEM(科学・技術・工学・数学)教育を支持してきました。数々の貢献に加えて、ザ・プレイリー・スクール理事会の創立時からの会長や、コーネル大学の鳥類学研究所、ジョンソン財団、アドラー・プラネタリウムの理事を務めています。

Imogene Powers Johnson Institute of Insect Science for Family Health
Imogene Powers Johnson Institute of Insect Science for Family Health
2017年、ウィスコンシン州ラシーンにある当社最大の研究センターに、その功績を称えてイモジーン・パワーズ・ジョンソンの名前が付けられました。 
ですから、昆虫を理解することが私たちの仕事です。しかし、本当に重要なのは次のような点です。当社では常に専門家が昆虫科学を研究しているため、昆虫が媒介する病気が急激に流行した際は迅速に対応できます。さらに、問題対処に役立つ見識と製品も持っています。 
 
2016年にジカ熱が発生した際は、家庭で役立つ蚊の知識を紹介する特別サイトの開設も行いました。私たちは、皆さまが蚊による被害から身を守れるよう、明確でわかりやすい情報や専門家のアドバイスをお届けすることを目指しています。 
 
私たちの取り組みはこれだけではありません。自然災害に見舞われた地域など、支援を必要としている人々への防虫製品の寄付を定期的に行い、蚊が媒介する感染症の啓蒙キャンペーンを世界の国々で行っています。
 
何といっても私たちの重要事項は、皆さんにとっての重要事項、つまり ご家族の健康を守ることです。

健康蚊やその他の害虫が媒介する疫病との闘い:保護、予防と教育

昆虫が媒介する病気SCジョンソン社と蚊が媒介する病気の予防

地域社会への寄付 蚊が媒介する感染症から家庭を守るべく、SCジョンソン社が1,500万ドルを寄付

地域社会への寄付 SCジョンソン社、地域コミュニティのためのアクアティックセンターに出資、子供たちの水泳学習を支援

地域社会への寄付 SCジョンソン社、病院と子供のための慈善事業への寄付を通して家族を支援

地域社会への寄付 SCジョンソン社の慈善事業とSCJ Giving, Inc.

その他の記事

その他の記事

その他の記事