SCジョンソン社 芳香成分の透明性

100%の透明性:グレードフレッシュシトラスブロッサムコレクションは、全成分表示を公表

グレードフレッシュシトラスブロッサムは、全芳香成分を表示した初のホームフレグランス製品です。
香料の情報開示をしている製品をご購入いただく際には、ご家族にとって大切な情報の透明性を高めることに貢献していただけます。
何が入っているのか完全に情報を開示している芳香スプレーをお探しなら、この製品をお選びください。グレードフレッシュシトラスブロッサムコレクション(オンライン限定)は、大手消費者向けパッケージ商品のメーカーが化合物レベルに至るまで芳香成分を100%開示した初の製品です。数多くの天然の香りだけでなく、何が入っているのかはっきりとご理解いただけます。
 
コレクションには、以下の製品があります。
  • プレミアムルームスプレーは、空気に素早くフレグランスを加え、やさしくパワフルな香りのミストがご自宅をくつろぎの雰囲気で満たします。
  • プラグイン芳香オイルつけかえ用グレード プラグイン 芳香オイルウォーマーに対応します。ウォーマーをコンセントに差し込むだけで長く続く香りをお楽しみいただけます。お部屋に合わせて調節でき、ご自宅をフレグランスで満たします。
  • ワックスメルトつけかえ用香りのキューブのワックスが溶けてフレグランスを鮮やかに放ち、大きなお部屋でも香りに包まれます。
芳香スプレーの成分や、製品に何が入っているのかに関するその他の情報を公表したいかどうかを決定するのは、各メーカーの判断によるものであると聞くと驚かれることでしょう。成分に関するコミュニケーションまたは開示については、規則がほとんどありません。そして多くの企業が、数十数百という化合物がふくまれているにも関わらず、天然の香り、またはエッセンシャルオイルと総称して開示しています。 
 
SCジョンソン社では、特定の成分について懸念を持たれている方もいらっしゃることを理解しており、確かな情報に基づいてご家族のための選択肢を選んでいただけるよう情報提供したいと思っております。さらに、天然のものから自然からヒントを得たものまで、全ての種類の化学物質についてのディスカッションを推奨したいと思っております。化学物質には異なる利点があり、適正量を守ればすべて安全に使うことができます。
 
グレード®フレッシュシトラスブロッサムコレクションに使われている全ての香料成分は、自然からヒントを得たもので、当社の厳格なスクリーニング基準にすべて合格しています。グレード®フレッシュシトラスブロッサム製品についての全成分表は、WhatsInsideSCJohnson.comにてご覧いただけます。
香料のサプライヤーは自社のレシピを企業秘密と考えているため、完全な製品成分の詳細を公表するのは難しい場合があります。しかしSCジョンソン社では、より高い透明性を得るために提携サプライヤーと交渉し、大きく前進いたしました。 
 
2012年に全芳香成分表示の公表を開始し、2015年には、全製品の処方における99.9%以上の成分を表示する製品別香料開示を開始しました。
 
2016年に発売したグレードフレッシュシトラスブロッサムは次のステップで、最も基本的な化合物レベルに至るまで成分を100%開示したコレクションとなっています。
 
もちろん、私たちの誰もが、典型的なフレグランスの成分となる酸、アルデヒド、エステル、ケトン、テルペンなどを化学者のように理解しているわけではありません。しかし、エッセンシャルオイルによる香りであろうと、研究所で開発された香りであろうと、全ての香りには化学物質が含まれていることを知っていることは重要です。 
 
もっと詳しく知りたい方は、どこにでも化学物質があるという事実に関する『サイエンティフィック・アメリカン』誌の記事をご参照ください。
グレードフレッシュシトラスブロッサムコレクションは、大手消費者向けパッケージ商品のメーカーが化合物レベルに至るまで芳香成分を100%開示した初の製品です。
SCジョンソン社会長兼CEO、フィスク・ジョンソン

透明性秘密はありません。SCジョンソン社は、芳香成分に対して100%の透明性を導入しました。

透明性成分の透明性に関するSCジョンソン社の取り組み

成分成分の透明性:SCジョンソン社では、ご家族のために最適な選択をしていただけるよう製品の成分/原材料リストを開示しています

透明性企業の透明性に関する約束:SCジョンソン社は芳香成分についてより多くの情報を皆さまに開示します

透明性SCジョンソン社は、皮膚アレルゲンに関するすべての情報を成分リストにてあなたとその家族に公開

環境企業活動:コンシューマー・グッズ・フォーラム、クリーニング業界におけるサステナビリティ向上の大綱

その他の記事

その他の記事

その他の記事