ハーバード・F・ジョンソン・シニアのユニークな営業活動:「ズボンのお尻で営業!?」

ハーバート・F・ジョンソン・シニアは、所作を洗練させ、創意とユーモアをもって会社を拡大しました。
おかしな営業物語:今日のビジネスリーダーの中で、ひとつの売上を上げるためにこれほどのことをする人は、どれだけいるでしょうか?
会社の事業はまだほんの小さなものだったにも関わらず、2代目のリーダー ハーバート・F・ジョンソンは大きな夢を持っていました。彼は、当社のワックス製品がアメリカ国内および国外で成功し得ると信じていたのです。彼が欲しかったのは、それを証明するチャンスだけでした。 

会社の言い伝えでは、海外事業を設立するための最初の視察旅行ほど、ハーバートが肝いりで行なったことはなかったとのこと。彼は最初のターゲットとして英国を選びました。

ジョンソンワックスの缶を引っさげ、トレードマークの白のフランネルスーツに身を固めて、ハーバートは店から店へと訪問しました。さらに劇的なセールストークのひとつでは、忙しい店主に嫌とは言えないチャンスを申し出ています。 

「この製品は、床をきれいにするだけではありません」と彼は約束します。「ピカピカに磨き上げるので、私を床に引きずってもらっても、ズボンのお尻には全く汚れが付きません。」
白のスーツを着て立つハーバート・F・ジョンソン・シニア
ハーバート・F・ジョンソン・シニアは、完璧な白のフランネルスーツがトレードマークでした。

いぶかしげな店主は、ハーバートが腕まくりをして床を磨き、その後、床の上を引きずってもらうよう座りこむ様子を見ていました。ハーバートはお尻がきれいなことを証明し、取引成立となりました。1914年までに、ハーバートは英国にSCジョンソン社初の海外拠点を設立しました。

売上を追求するにしても、製品を作る人々を尊重するにしても、ハーバートは次の言葉を本質として理解し、人生の指針としていました。「ビジネスで最も重要なのは、人の信用である。」 イノベーション、大志、熱意。それらが信用を獲得する。ハーバートはそれを全力で体現しました。

彼は白のスーツを汚すことはなかったかもしれませんが、当社の個性に消えることのない痕跡を残したのです。 

ジョンソンファミリージーン・ジョンソン:SCジョンソン社の良心、そして児童の教育支持者として

フィスク・ジョンソンSCジョンソン社現会長兼CEO、フィスク・ジョンソン

会社SCジョンソン社はファミリーカンパニーです

当社の理念「This We Believe(私たちの理念)」が5世代にわたりSCジョンソン社を導いてきました。

映画『To Be Alive!』から『Carnaúba:息子が綴る回想録』まで、感動と喜びを呼び起こすSCジョンソン社の映画

ダイバーシティリスペクトの企業文化:フィスク・ジョンソンによるインクルージョンとダイバーシティについてのメッセージ

その他の記事

その他の記事

その他の記事