SCジョンソン社、エレン・マッカーサー財団とのグローバル・パートナーシップを発表

当社は、循環型経済の推進を支援するため、10番目のグローバル・パートナーとして署名

ウィスコンシン州ラシーヌ、2019年1月23日 – 今日、SCジョンソン社とエレン・マッカーサー財団は、循環型経済への移行を加速させることに対する共通の熱意と献身に基づき、グローバル・パートナーシップを発表します。SCジョンソン社は、インテーザ・サンパオロ、ダノン、Google、H&M、ナイキ、フィリップス、ルノー、ソルベイおよびユニリーバを含むエレン・マッカーサー財団の既存のグローバル・パートナー9社の仲間入りをし、大規模な形で市場主導の循環型経済へ向けた取り組みを推進してゆきます。

SCジョンソン社とエレン・マッカーサー財団は、システム全体を対象とする変化を促進するうえでのビジョンを共有しており、新たな循環型ビジネスイノベーションを奨励するために他社と協力してゆきます。この複数年にわたるパートナーシップは、SCジョンソン社の、製品のサステナビリティ改善へ向けた10年に及ぶ長い歩みの上に築かれたものです。この取り組みの一環として、当社は長年にわたり、循環性を妨げる障害が何であるかを理解し、それを克服するためのソリューションを見つけるために、業界の専門家たちと協力してきました。

SCジョンソン社の会長兼CEOのフィスク・ジョンソンは、「プラスチック汚染は非常に大きな問題で、それを解決するには、企業、政府、消費者そして市民社会が協力して取り組む必要があります」、また、「私たち全員が力を合わせる必要があり、エレンと財団は、パートナーシップおよび前進の機会を非常に上手くつくりだしてきました」と語っています。

「ファミリーカンパニーとしての豊かな歴史と、透明性と製品の循環性における先駆的な取り組みの数々を基盤に持つSCジョンソン社は、循環型経済を原則としたグローバルシステムの再設計のために、そしてプラスチック汚染などの深刻な環境問題の解決のために、リーダーとしての役割を果たしてくれています」とエレン・マッカーサー財団の創立者兼理事長エレン・マッカーサーは語ります。「私たちはSCジョンソン社をグローバル・パートナーとして喜んで迎え、今後、力を合わせて、長期的に機能する経済を推進してゆくことを期待しています。」
世界経済フォーラムおよびエレン・マッカーサー財団は、2050年までに海洋プラスチックの量が魚量を上回ると予想しています。今こそ全員が一丸となり、プラスチックを多用する生活スタイルを見直し、プラスチックの使い方を変えていく必要があります。 

2018年10月、インドネシアのバリで開催された2018年アワ・オーシャン・カンファレンスに世界中からリーダーが集い、フィスク・ジョンソンはそこで「新プラスチック経済グローバル・コミットメント」に署名しました。SCジョンソン社はプラスチック汚染危機に立ち向かうべく、主要な企業および政府から成る世界規模の連合に加入しました。この取り組みは国連環境計画の協力の下にエレン・マッカーサー財団が主導するもので、プラスチック汚染の根本原因に対応し、プラスチックが海に流入するのを防ぐうえで役立ちます。 
さらにSCジョンソン社は、世界におけるプラスチック廃棄物の危機に対する注目度が高まる中、何年にもわたり絶え間なく、自社製品のパッケージデザインから不要なプラスチックを排除することに注力し、自社のプラスチック・フットプリントをさらに削減するための取り組みと進歩を公表してきました。当社は、自社パッケージに使用する再生プラスチック材料の量を増加させるとともに、つめかえ用濃縮製品を通してプラスチックボトルの再使用を支援する計画を発表すると同時に、ジップロックの袋製品の家庭でのリサイクルを可能にする取り組みを始めました。 

SCジョンソン社は米国において、使用済みの柔軟性の高いプラスチックフィルムを対象に家庭でのリサイクルを実現し、埋立地に運ばれる廃棄物を削減するためのミッションを推進し続けています。当社は昨年、米国のリサイクルセンターにおけるパイロットプログラムを通して回収された、ジップロックの袋製品などのポストコンシューマ・リサイクル(PCR)フィルムを100%使って製造した初のゴミ袋を市場導入したことで、重要なマイルストーンを達成しました。 

SCジョンソン社のプラスチック汚染対応への取り組み、およびプラスチック循環型経済の推進支援に関する活動の詳細については、www.scjohnson.com/plastic をご覧ください。
 
SCジョンソン社は、イノベーション、高品質の製品、卓越した職場環境、および長期的な環境や事業を行っているコミュニティへの取り組みに全力を尽くしている、ファミリーカンパニーです。米国に拠点を置くSCジョンソン社は、家庭用洗剤製品や、保存容器・バッグ、消臭・芳香剤、虫よけ、靴用製品ほか、業務用製品を扱う世界有数の大手メーカーです。米国内で有名なブランドであるグレード®、キーウィ®、OFF!®、プレッジ®、レイド®、スクラビングバブル®、シャウト®、WINDEX®、ジップロック®を販売すると同時に、米国外ではオータン®、ベイゴン®、BRISE®、カビキラー®、KLEAR®、ミスターマッスル®、RIDSECT®などのブランドを販売しています。133年の歴史を持つ当社は、売上高100億ドルを生み、世界中に約13,000人の従業員を抱え、事実上、世界各国で製品を販売しています。www.scjohnson.com
エレン・マッカーサー財団は、循環型経済への移行を加速するという目的を掲げて2010年に発足しました。創立以来、同慈善団体は将来の方向性を示す世界の思想的リーダーとなり、循環型経済を世界中の意思決定者たちの議題対象として加えてきました。同慈善団体は、洞察と分析、ビジネス、機関と政府および都市、システム上のイニシアチブ、循環型デザイン、学習、コミュニケーションという7つの主要分野にフォーカスしています。

詳細: www.ellenmacarthurfoundation.org | @circulareconomy