SCジョンソン社、プラスチック廃棄物の危機に立ち向かう 清掃プロジェクトを称賛
 

会長兼CEOのフィスク・ジョンソンは2大陸を訪れ、プラスチック廃棄物による海洋汚染の軽減に向けた取り組みの進展を確認しました。

ウィスコンシン州ラシーン、2019年5月10日 – 政府、市民、NGO、企業が協力し過去数年間にわたり取り組んできた清掃プロジェクトにより、世界中の河川や海が浄化されつつあります。SCジョンソン社の会長兼CEOフィスク・ジョンソンは、先日フィリピンとパナマを訪れ、プラスチック廃棄物による汚染から海を守る取り組みの進展を視察しました。
「プラスチック廃棄物から海を守るために私たちができる最重要事項は、根本的な原因から問題解決にあたること、すなわち廃棄物収集システムを改良しプラスチックが海に排出される前に回収することです」とジョンソンは述べています。「そのためにコンサベーション・インターナショナルやPlastic Bankなどの各団体と連携し、廃棄物除去のインフラ改善および河川の清掃に尽力しています。こうした取り組みは序章に過ぎず、やるべきことはまだたくさんあります」
河川壁のそばに立つフィスク・ジョンソン。パナマ湾を経由し最終的に海に流れ出るプラスチックを食い止めるために建設されたもの。

2大陸で見られた嬉しい成果

エステロ・デ・マグダレーナはフィリピンの首都マニラの街中を流れる小川の1つです。この河川に浮かぶ廃棄物はパシッグ川に流れ込み、いずれ南シナ海へと流出します。特に問題となるのは雨期で、エステロ・デ・マグダレーナや他の内陸水路から、パシッグ川のような大きな水域にプラスチック廃棄物が流れ込みやすく、結果的にそれらが大量に蓄積してしまいます。しかしながら近年では、廃棄物が下流に垂れ流されるのを食い止めるろ過装置を水中に設置したことで目覚ましい成果が現れています。

「マニラ市民にとって何より必要なのは清潔な水。廃棄物や病原菌のないきれいな水です」とコンサベーション・インターナショナルのフィリピン支部長エンリケ・A.ニュネス・ジュニアは言います。「リサイクルのメリットに関する教育や啓蒙活動を優先的に行うことで、私たちを取り巻く環境の改善に実質的な違いを生み出しました」

       動画
海洋プラスチック:プラスチック廃棄物が海に流れ込むまで。
SCジョンソン社の会長兼CEOフィスク・ジョンソンはフィリピンのエステロ・デ・マグダレーナを訪れ、プラスチック廃棄物による汚染から海を守る取り組みの進展を視察しました。

パナマのマティアス・ヘルナンデス川は住民の非公式ごみ捨て場となっており、蓄積したごみは最終的にパナマ湾に流れ出ます。地元のNGO団体、マレア・ヴェルデ・アソシエーションはこれらのごみを回収すべく、河川に障壁を設置しました。プラスチック廃棄物がパナマ湾にたどり着き最終的に海に排出されるのを防ぐ、最初の重要なステップです。

「未来の世代にきれいな海を残せるよう、皆様にもぜひこの活動に参加いただけることを願っています」とジョンソンは述べています。「願わくは継続的にこの地域の清掃活動を行い、さらに進展させたいと考えています。これらの取り組みは正しい方向へと踏み出した大きな一歩です。

 リサイクルに関わるインフラの向上は、海へのプラスチック排出を防ぐ重要なポイントとなるでしょう。

廃棄物削減のための取り組み

Ocean Conservancy and the McKinsey Center for Business and Environmentによる2015年の報告書によると、フィリピン、中国、インドネシア、ベトナム、タイから海に流れ込むプラスチック廃棄物は、世界総量の60%近くを占めています。これら5か国全体で、回収率を平均約80%まで上げることができれば、海へ流れ込むプラスチック廃棄物は25%近く減少します。

SCジョンソン社は、この問題に取り組むためにPlastic Bankとパートナーシップを築き、インドネシアに9か所の回収センターを開設しました。将来的には、さらに拡大していく予定です。このパートナーシップを通して、プラスチック廃棄物を最小限に抑え、貧困問題に取り組むための解決策の一部として、当社はリサイクルプログラムを導入しました。本パートナーシップは、使用済みまたは回収されたプラスチック廃棄物のリサイクルと引き換えに、社会的および経済的利益を提供することによって、人々の暮らしに変化をもたらしています。リサイクルに関する教育を行い、人々が責任をもってプラスチックを使用し、生活していくようにデザインされています。

SCジョンソン社のプラスチック汚染問題への取り組みの詳細情報に関しては、www.scjohnson.com/plasticをご覧ください。

SCジョンソン社の概要
SCジョンソン社は、イノベーション、高品質の製品ラインナップ、卓越した職場環境、および長期的な環境と事業を行っているコミュニティへの取り組みに全力を尽くしている、ファミリーカンパニーです。米国に拠点を置くSCジョンソン社は、家庭用洗剤製品や、保存容器・バッグ、消臭・芳香剤、虫よけ、靴用製品ほか、業務用製品を扱う世界有数の大手メーカーです。米国内外で有名なブランドであるグレード、キーウィ、OFF!、プレッジ、レイド、スクラビングバブル、シャウト、WINDEX、ジップロックを販売するほか、米国外ではオータン、ベイゴン、BRISE、カビキラー、KLEAR、ミスターマッスル、RIDSECTなどのブランドを販売しています。133年の歴史を持つ当社は、売上高100億ドルを生み、世界中に約13,000人の従業員を抱え、事実上、世界各国で製品を販売しています。www.scjohnson.com