SCジョンソン社の家庭用ブランドと製品

サム・ジョンソンは、殺虫剤のレイドや芳香スプレーのグレードなどSCジョンソン社の人気ブランドを開発しました。

SCジョンソン社の歴史:サム・ジョンソン率いるチームは、レイド、グレード、プレッジなど、SCジョンソン社を代表する人気ブランドを開発しました。
「消費者が次に求めるものは何かを常に考え、研究し、把握しようとしなければならない」 – サム・ジョンソン
レイド、グレード、プレッジ、オフは、どれもよく知られたブランドです。おそらく皆さんもお使いになったことがあるでしょう。しかし、これらすべてがほんの数年の間に発売されたと知ったら、意外に思われるかもしれません。どの製品も、4代目経営者サム・ジョンソン率いる新製品部門が開発しました。
サム・C・ジョンソン・ジュニアとSCジョンソン社の新製品部門は、レイド、グレード、プレッジ、オフ!などのブランドを開発
サムは1955年から1958年にかけて新製品部門を指揮
サムの率いる新製品部門が初めて作った殺虫スプレーが、のちにレイドとして発売されるきっかけになった面白いエピソードがあります。サムは、承認を得るため父であるH.F.ジョンソン・ジュニアに製品を見せて、これこそ今後わが社が取り組むべき仕事だと説明しました。 

しかし、父親はスプレー缶を見てこう言ったそうです。「わが社はワックスを含まない製品は作らないことを分かっているのか?」 サムは、「この製品に少しワックスを加えることもできますが、それで殺虫効果が高まるとは思えませんね」と答えました。

冗談のつもりだったのかもしれませんが、サムの答えには重要な指摘が込められていました。創業から70年を迎えたこの時、このままワックス製品を開発していくだけでは、20世紀後半という時代の中で会社を成長させるのは難しかったでしょう。 

むしろ、次第に競争が激しくなる市場で勝ち続けるための、発展的なアイデアと製品を取り入れる必要がありました。サムはのちにこう語っています。「はっきり言って、新しい優れた製品がなければ、企業としてはおしまいだ」
ジョンソン・ワックスの家具のつや出し剤「プレッジ」1958年のビンテージ広告
サムの率いる新製品部門が1955年から1958年にかけて生みだした数々の製品は、今も当社の人気ブランドであり続けています。こうした製品には、殺虫剤のレイド芳香スプレーのグレード家具用ワックスのプレッジ虫よけのオフ!などが含まれます。
 
サムはやがて新製品部門から他の指導的立場に移行し、その業務の中でガラスクリーナーのWindex®食品保存袋のジップロック浴室用洗剤のスクラビング・バブルほか、さまざまなブランドの買収で活躍しました。
 
SCジョンソン社の研究室で開発されたその他の素晴らしい製品には、ひげそりジェルのEdgeやSkintimate、車用ワックスのKit、保湿ローションのCurelなどがあります。これらは最終的にそれぞれの持ち味に合う企業に売却されましたが、SCジョンソン社はこうした製品を開発できたことを誇りに思っています。
ジョンソン・ワックスの殺虫剤「レイド」1955年のビンテージ広告
多くのヒット製品を生みだしたサムですが、開発中はさまざまな困難に直面しました。例えば1956年には、チームで開発中だった家具のつや出し剤に対し、一部の科学者から諦めの声が挙がりました。消費者に提供する十分なメリットが無いというのです。

しかし、サムの考えは違っていました。拭き取り仕上げが必要ない、一度拭くだけで完了する簡単な家具のつや出し剤というアイデアに可能性を感じました。とはいえ、初期の実験では塗布する量を一定に保つのは難しいという結果が出ていました。

そんなとき彼のチームは、エアゾール容器を使えば噴出量を一定に保ちやすくなることに気づきました。新しい試作品を1,000人の消費者にテストしてもらったところ、否定的な意見はありませんでした。それどころか、テストに参加した消費者は、つや出し剤がほこり防止の役割を果たすなどの、考えてもみなかった可能性にまで気づいたのです。 

60年を経た今も、プレッジは世界中のご家庭で愛用されています。 
要するに、新しい優れた製品がなければ、企業としてはおしまいだ。
SCジョンソン社4代目経営者、サム・ジョンソン
SCジョンソン社の多様化と拡大を目指したサムは、代々の経営者たちが想像もしなかったほどの貢献を会社にもたらしました。さらに重要なことに、彼はイノベーションと新製品の開発を心から愛していました。
 
サムは、SCジョンソン社の理念についての書籍『The Essence of a Family Enterprise』の中で、こう語っています。「消費者が次に求めるものは何かを常に考え、研究し、把握しようとしなければならない。それこそが、何よりもビジネスの醍醐味である」

フィスク・ジョンソンSCジョンソン社現会長兼CEO、フィスク・ジョンソン

品質の高い製品SCジョンソン社の声明:DEET配合の虫よけ製品は、ラベルの使用方法に従えば、安全にお使いいただくことができます

品質の高い製品グレードプラグイン製品についてのインターネット上の噂に対するSCジョンソン社の声明

品質の高い製品SCジョンソン社の声明:電子レンジで当社のプラスチック製品を使用してダイオキシンが発生することはありません

ファクトシートSCジョンソン社、買収を経て優良ブランドを獲得

会社ファクトシート:SCジョンソン社のワックスデール工場

その他の記事

その他の記事

その他の記事