サム・ジョンソンは、そのビジョンと根本方針でSCジョンソン社を生まれ変わらせました

イノベーターであり、環境保護主義者であり、ビジョンを持つ者であるサム・ジョンソンは、世界的大手企業およびブランドリーダーとなるべくSCジョンソン社を率いました。
「リーダーとは、社内と社外の両方で社会のことを考え、地域社会の利益を考えなければならない。」 – サム・ジョンソン
今日のSCジョンソン社は、サム・ジョンソンの影響なくしてはあり得ません。40年間以上にわたって、サムは1億7,100万ドルのワックス事業を多角化させ、80億ドルの事業体へと変貌させました。彼は、Glade®, Raid®, Pledge® OFF!® などのブランド製品ラインを開発したチームを率いました。65カ国に拠点を持ち、100カ国以上の国々で製品を販売する会社へと発展させたのです。さらに、社会風潮となる遥か前から環境保護を唱えていました。
 
サムは、リーダーシップとは、陳列棚にある製品に留まらないことを知っていました。彼自身の言葉ではこのように述べています。「リーダーとは、社内と社外の両方で社会のことを考え、地域社会の利益を考えなければならない。」
SCジョンソン社4代目社長、サム・ジョンソン
SCジョンソン社4代目経営者、サム・ジョンソン
18歳の頃、サムはウィスコンシン州ラシーンからコーネル大学のあるニューヨーク郊外に移住し、1950年に同大学経済学部を卒業しました。大学では、数学専攻で天文学にも強い興味を持つイモジーン・パワーズという、のちに妻となる女性に出会います。 
 
ハーバード・ビジネス・スクールのMBAを取得した後、サムはアメリカ空軍情報将校として徴兵されました。朝鮮戦争がまだ続いていたときです。除隊されたときに、彼は人生における大きな疑問を持つことになります。3代続く家業に自分も加わるべきかどうか?
 
サムは悩みました。彼は会社を愛していたし、そこに自分の場所があると知ってはいたものの、「残りの人生、本当にワックスを作って過ごしたいのだろうか?」と疑問に思いました。
 
サムは父親の提案で工場の中を歩き、そこで人生を変える運命的な出会いが訪れたのです...
動画
運命の出会いがサムを会社に留まらせることに
サム・ジョンソンが、家業を継ぐべきかどうか、考えに考えていた若い頃、SCジョンソン社の工場を訪れたことを語っています。 
工場の発送室で、ある年老いた社員がサムを手招きし、サムがわずか8歳だった20年前に持っていたタイムカードを取り出しました。「彼は私のカードを取っておいてくれたのです。しかし...私の心を変えたのは、私が帰ってくることを彼が期待してくれていたということです。帰ってきて欲しいと思ってくれた、だからカードを取っておいてくれた。そんな人がいる...そのとき、自分が働きたいのはここだ、と分かりました」とサムは振り返ります。
1954年、彼は永遠のパートナーシップを結びます。イモジーン・パワーズと結婚し、2004年に彼が亡くなるまで50年間の結婚生活を全うしました。
 
同時に、彼は社長補佐としてSCジョンソン社に入社し、そのわずか1年後に新製品部長に就任。任務に没頭し、オリジナルのワックス製品に留まらず会社を拡大するために貢献しました。そしてわずか数カ月後に、彼のチームは新製品のエアゾール殺虫剤を開発しました。–
 
父親のH.F.ジョンソン・ジュニアにこの新製品を見せたときのことを、サムは笑って振り返ります。「私たちはワックスの入っていない製品は作らないことが、分かっているか?」と聞かれたサムは、“
 
「少しワックスを入れてもいいけど、“殺虫効果が良くなるとは思わないな。」と答えました。
レイドをスプレーするH.F.ジョンソン・シニアとサム・ジョンソン
サム(右)Raid®、SCジョンソン社で最も人気の高い長寿ブランドのひとつであるレイドを開発したチームを率いました。
サムのリーダーシップのもと、新製品チームはSCジョンソン社の名の下に数々の新事業を立ち上げました。最初に立ち上げたのは、殺虫剤のRaid®。2番目が芳香スプレーのGlade®。どちらの製品ラインも目覚ましい成功を収め、現在でも世界中の消費者に向けて、引き続き新製品を発売しています。 
 
その他のイノベーションには、家具用製品のPledge®、OFF!®などがありました。サムは重要ブランドの買収にも力を入れました。ガラスクリーナーのWindex®、Ziploc®、浴室用洗剤のスクラビング・Scrubbing Bubbles®などがその一例です。
サム・ジョンソン、新製品のイノベーション
サム(左)は、新製品のイノベーションと、その世界的展開を推奨しました。
第二次世界大戦後、会社がすでに数多くの世界市場に参入している一方で、サムの父H.F.はイタリアでの事業展開について懐疑的でした。しかし1950年代後期にサムがイタリアを訪れると、コルゲートの歯磨き粉やリバーの洗剤を至る所で目にすることに。 

「逃してしまった!少なくとも出遅れてしまった...そのときに、市場進出に遅れをとってはならないと肝に銘じたのです」とサムは振り返ります。その瞬間からサムは、ガーナ、ギリシャ、トルコ、タイ、チリ、中国に至るまで、空前の世界的拡大を行なう会社を率いていきました。

サムは1966年に社長に就任し、その翌年に会長にも就任しました。父、祖父、曾祖父の伝統に基づいて、引き続き会社を築いていき、イノベーション、戦略的買収、世界進出を断固として追求し、数々の成功を収めました。人気製品を用いて、6大陸65カ国以上で展開するようになりました。
サム・ジョンソンのCarnaúba水陸両用飛行機
タイムライン
4代目経営者:サム・ジョンソン
1928 –
2004
サムのタイムライン
 
 
サムは、製品だけではなく会社に根本方針をもたらした人物として知られていました。政府が変更を義務化する3年前に、世界中の–SCジョンソン社製品からクロロフルオロカーボン(CFC)を排除したことは有名です。これは、環境に対する初期の企業活動の一例です。
 
1976年、サムはリーダーシップチームを率いて、「これが私たちの信念」で公式に会社の根本方針を表現しました。40年以上経った今でも、これが私たちの信念は当社の存在、世界中の事業の基礎となっています。 
 
1980年代には、SCジョンソン社初の企業育児センターを開設。アメリカで同種の施設の第一号となりました。そして、これらはほんの数例にすぎません。 
 
未曽有の成長を続けるSCジョンソン社を率いる一方で、サムは先代たちと同じく、環境と社会的責任の重要性を育みました。サムは2000年に、以下のように語っています。“…「ある四半期、またはある年の財務業績は、瞬く間に忘れ去られてしまうものです。残っていくもの、そして(会社が)—いかに好意的に捉えられるかを決定するものは、—会社が社会全般、そして事業拠点の環境に与えるインパクトなのです。」
(上) : サムは自然の姿を捉えるために世界を旅する、熱心な写真家でした。
下部 : アウトドア愛好家として、サムはとりわけウィスコンシン州北部のオーウェン湖で時間を過ごすことを愛しました。
サム・ジョンソンによる写真撮影
サムはビジョンのあるイノベーターでしたが、それと同じく重要なことは、冒険者だったということです。アウトドアを愛し、優れたパイロットでもありました。熱心な写真家として世界中を旅して、愛する地球の目を見張るような風景を捉えました。 
 
しかし、何と言っても有名な冒険は、1998年に行なったCarnaúba探検でしょう。サムは父親の海外での冒険の物語を聞いて育ちました。「子供心に、純粋な冒険とロマンを感じたものです」と語ります。”「父は、神秘に目を見張るような物語を、感動で胸がいっぱいになる物語を話してくれました。」
 
一番魅力的だったのは、H.F.ジョンソン・ジュニアが1935年に行なった、伝説的なブラジル遠征でした。60年後、サムは父の軌跡を辿る決意をします。その旅は、彼が思い描いていたものではありませんでした。もちろん、シコルスキーS-38型機の優れたレプリカで行く、1万2千キロメートルの壮大な冒険ではありました。 
 
しかし、それ以上の意味があったのは、家族への想いを新たにしたということでした。サムが映画「Carnaúba: 息子が綴る回顧録」の中で述べているように、この遠征は彼が父親と再び繋がる旅路となり、自分自身の家族との絆をさらに深めるきっかけとなったのです。
サム・ジョンソンと水陸両用飛行機
父が行なった1935年のブラジル探検を再現するため、サムはシコルスキーS-38型機のレプリカを製作しました。
映画のなかでサムは、このように述べています。「私の父がしてくれたことと、将来について考えながら、私たちは父親の期待に応えられるかどうかを心配する必要はないが、子供たちの期待に応えられるかどうかを心配すべきであるという結論に達しました。」

サムは、それ以上のことをやりました。彼のビジョン、彼の根本方針、そして彼の家族への愛は、今日に至るまで当社の在り方にインスピレーションを与えています。

ジョンソンファミリージーン・ジョンソン:SCジョンソン社の良心、そして児童の教育支持者として

フィスク・ジョンソンSCジョンソン社現会長兼CEO、フィスク・ジョンソン

会社SCジョンソン社はファミリーカンパニーです

当社の理念「This We Believe(私たちの理念)」が5世代にわたりSCジョンソン社を導いてきました。

映画『To Be Alive!』から『Carnaúba:息子が綴る回想録』まで、感動と喜びを呼び起こすSCジョンソン社の映画

映画サム・ジョンソンの映画『Carnaúba: A Son’s Memoir』は、冒険と家族を描いた映画です

その他の記事

その他の記事

その他の記事