Carnaúba水陸両用機でブラジルへ飛ぶハーバート・ジョンソン・ジュニア

シコルスキーS-38型機の発見:H.F.ジョンソン・ジュニアのCarnaúba飛行機の捜索

2006年、ジョンソンファミリーはサム・ジョンソンが求めていた宝を発見できることを期待しつつ、探索を開始しました。
「私はCarnaúba。私の本来の居場所は、この湾ではなく、冒険を愛するすべての人の心の中です。」
私たちは誰しも、自分の親が若かった頃の行動について、なぜそんな選択をしたのか、何に影響を受けたのか、どんなことに喜びを感じていたのか、といった疑問を抱くことがあります。SCジョンソン社4代目経営者、サム・ジョンソンが抱いていた疑問は、父親が1935年に行なったブラジル探検と、その時に使用された飛行機に関するものでした。
 
「物心ついた頃、お父さんの特別な引き出しをそっと開けたことはありませんか。その中には、ポケットナイフや腕時計、父がどこかで見つけた物など、父の物がしまってありました。それはある意味で、父の人となりを象徴していました」サムは自身の映画『Carnaúba:息子が綴る回顧録』の中で語っています。「だからこそ、あの飛行機のデータプレートを見つけ出したいと思ったのです。見つけることができたら、この手で大切に持ち帰り、今度は私の特別な引き出しにしまいたいと。」
 
インドネシア、マノクワリ湾に沈んだH.F.ジョンソン・ジュニアの飛行機を捜索するサム・ジョンソン。
オリジナルのCarnaúba飛行機を探すため、サムと家族はインドネシア、マノクワリ湾へ向かいました。
H.F.ジョンソン・ジュニア1935年のcarnaúba探検で使用したシコルスキーS-38型機は何十年もの間、行方不明でした。探検旅行の後、シェル石油に売却されたこの飛行機は、ニューギニア、ボルネオ、インドネシアの航空測量に使用されていました。調査によれば、1930年代後半、同機はインドネシアのマノクワリ湾で離陸に失敗し、海に沈んだとされていました。
 
いつか飛行機が発見されることを望んでいたサムは、1997年、飛行機の探索を開始するため、家族とともにマノクワリ湾に向かいます。サイドスキャンソナーを使い、湾に沈む物体を識別し、何か見つかれば海に潜って調査しました。しかし、海底に沈むシコルスキーS-38型機であると思われるものは、何も見つかりませんでした。
 
それでもその探索は、素晴らしいファミリーアドベンチャーとなりました。当時サムは社員にこう話していたといいます。「あの飛行機の歴史と最後のフライトの詳細が分かったんだ。僕たちは、美しい国を旅し、魅力的な人々に出会った。今回の旅は、ジョンソン家の歴史のひとつの章に対する、私たちの好奇心を満たしてくれた。」
 
サムはその後、父の飛行機を細部まで見事に再現した、シコルスキーS-38型機のレプリカを制作するという形で、父の旅を再現する試みを続けました。レプリカ制作は、これまでにないほど父を近くに感じられる、特別な体験となりました。しかし、H.F.の飛行機の消息は、まだ謎に包まれていました。
 
海に沈んだH.F.ジョンソン・ジュニアの水陸両用飛行機シコルスキーS-38の捜索を行うサム・ジョンソンとクルーメンバー。
捜索に使用されたサイドスキャンソナーとカメラ、クルーメンバーと共にポーズを取るサム。
2005年、サムが逝去した翌年、ある写真家がSCジョンソン社に連絡してきました。先日海に潜った際、飛行機を目撃したと思う、と言うのです。明確な場所までは分からないが、水深30メートルあたりだったと。
 
この重要な新情報は、会長兼CEOフィスク・ジョンソンと家族にとって大きな手がかりとなりました。フィスクは、母親や他の家族たちとともに、約10年前にサムが始めた取り組みを完結させようと、再びマノクワリ湾に向かいました。
 
この旅では、調査を開始して間もなく飛行機が見つかり、砂と珊瑚の間から、ユニークで特徴的な姿が現れました。
マノクワリ湾に沈むH.F.ジョンソン・ジュニアの飛行機を捜索するフィスク・ジョンソンと家族
フィスクと家族は、再びマノクワリ湾を探索。今回の旅では、探査開始後、程なくして飛行機が見つかりました。
海底に沈んだジョンソンファミリーのCarnaúba飛行機を捜索するスキューバダイバー
飛行機は上下逆さまの状態で海底に墜落しました。衝突の衝撃で機体はばらばらになってしまいました。
海に沈んだCarnaúba飛行機の残骸を覆う珊瑚
この湾のように暖かい海ではすぐに珊瑚に覆い尽くされます。
ジョンソン家の歴史のかけらを探す
ジョンソン一家は、飛行機の残骸の探索のため、何度も海に潜りました。
サムが探していたデータプレートは見つからなかったものの、見つかったのは、確かにH.F.の飛行機でした。

ジョンソン家は、沈んだ宝の前に、花崗岩のプレートを設置しました。そこにはこう書かれています。「私はCarnaúba。私の本来の居場所は、この湾ではなく、冒険を愛するすべての人の心の中です。」 「サム、そしてH.F.に捧げる美しい贈り物。過去と現在がここに出会う。さらなる冒険に満ちた未来とともに。」

捜索が成功した後、フィスクは社員たちに次のように綴っています。「この夏、私たちは父にとって重要な意味を持っていた飛行機を発見しました。ですが、私たちが発見したのは、消息不明だった航空機だけでなく、それ以上のものだったのです。長い月日を経た今、あの飛行機とそれが象徴する冒険は、再び、私たちの家族の絆をより深いものにしてくれました。

この冒険譚は、SCジョンソン社の社員全員が共有する、会社の大切な遺産のひとつです。そして、私たちに意思とそれを追い求める創造性があれば、私たちの前には今後もたくさんの冒険が待ち受けています」

Carnaúba(カルナバ椰子探索の旅)新たな気付きをもたらしたサム・ジョンソンの1998年ブラジル探検:私たちを救うのは家族

映画『To Be Alive!』から『Carnaúba:息子が綴る回想録』まで、感動と喜びを呼び起こすSCジョンソン社の映画

映画サム・ジョンソンの映画『Carnaúba: A Son’s Memoir』は、冒険と家族を描いた映画です

ジョンソンファミリーサム・ジョンソンは、そのビジョンと根本方針でSCジョンソン社を生まれ変わらせました

Carnaúba(カルナバ椰子探索の旅)H.F.ジョンソン・ジュニアが行なったCarnaúba機での探検は、人生を変えるような冒険でした。

ジョンソンファミリーH.F.ジョンソン・ジュニアはSCジョンソン社の未来に創造力と科学の力を吹き込んだ

その他の記事

その他の記事

その他の記事