ファクトシート:SCジョンソン社の慈善事業とSCJ Giving, Inc.

80年以上の歴史:1937年以来、SCジョンソン社は、税引き前利益の5パーセントを慈善事業に寄付しています。 
SCジョンソン社の慈善事業は、コミュニティの発展、社会サービス、健康、サステナビリティ、その他支援を必要としている分野を対象としています。
SCジョンソン社では創業当時から慈善事業とコミュニティ支援に取り組んできました。この取り組みが正式なものとなったのは1937年、税引き前利益の5パーセントを慈善事業に寄付し始めたのがきっかけでした。 1959年には、当社の事業拠点である地域社会と世界全体の支援活動を推進するため、当社の慈善団体であったSC Johnson Giving, Inc.を法人化しました。

SCジョンソン社の寄付活動の主な対象は、当社の事業所地域のコミュニティにサービスを提供している、あるいは直接影響を与える組織です。対象分野は以下の通りです。 

地域開発および経済的発展 - 経済およびコミュニティ基盤の構築、能力開発、経済的発展、安全な街づくり、文化体験や職業訓練の提供といった分野における生活の質向上プログラム。

社会サービス - 家族、障害者、高齢者向けのサービス、家庭内災害の防止、一時的なシェルターの提供、経済的・社会的に不利な立場にいる人への支援など、低所得層/困難に直面している人や家族の自立を支援するサービスを提供するプログラム。

健康および福祉 - 蚊を媒介する病気に関する啓蒙活動および撲滅運動の支援、または公共衛生や福祉に関する教育および公平な医療提供の推進を行うプログラム。

教育 - 幼児教育、K-12(幼稚園から高校までの教育)、中等教育後の教育、職業技術訓練校など、教育の充実・成績向上に焦点を当てた、学生・生徒の学業達成に主要目的とするプログラム。

サステナビリティおよび環境プログラム - コミュニティの生態系の保全管理、汚染対策、天然資源の保護、環境美化、再生可能エネルギーの利用、野生生物の保護を奨励するプログラム。

米国における製品の寄付

すべての家族のためにより良い世界を築く諸団体に対して、SCジョンソン社とSC Johnson Giving, Inc.が行ってきた寄付は、数百万ドルにおよびます。近年の例をいくつかご紹介しましょう。

主に米国、カリブ諸国、南アメリカ諸国において、危機的状況にあるご家族がジカウイルス伝染の原因となりうる蚊に立ち向かえるようサポートするため、1,500万ドル相当の金銭および製品による支援。

コンサベーション・インターナショナルとその提携企業による「acre-for-acreマッチング・キャンペーン」において12万5千ドルを寄付し、アマゾン地域での約300万本の植林活動を支援。

本社拠点のコミュニティである、ラシーン郡の公共アクアティックセンター建設へ650万ドルを寄付し、地域の住民へレクリエーションとウォーターセイフティ講習を提供。  

フィスク・ジョンソンおよびSCジョンソン社がコーネル大学イサカキャンパスにおいて過去最大の寄付額となる1億5,000万ドルを寄付し、ジョンソン経営大学院を支援。

メキシコのDibujando un Mañana財団へ110万ペソを寄付し、メキシコの少女たちが貧困、ホームレス、ネグレクトを越えて立ち上がれるよう支援

ワシントンD.C.にあるスミソニアン国立アメリカ歴史博物館に500万ドルを寄付し、アメリカ企業展と最先端のコンファレンス・センターを支援。

ゲートウェイ・テクニカル・カレッジに350万ドルを寄付し、SCジョンソン総合製造エンジニアリング技術センターとSTEM(科学・技術・工学・数学)のプログラミングを支援。

当社の理念「This We Believe(私たちの理念)」が5世代にわたりSCジョンソン社を導いてきました。

当社の目的SCジョンソン社助成金:カナダにおける当社寄付金の申請方法

地域社会への寄付 SCジョンソン社は助成金および製品の提供を通じてコミュニティの発展に貢献

ジョンソンファミリージーン・ジョンソン:SCジョンソン社の良心、そして児童の教育支持者として

昆虫が媒介する病気SCジョンソン社と蚊が媒介する病気の予防

環境SCジョンソン社の環境に関するリーダーシップのマイルストーン

その他の記事

その他の記事

その他の記事