SCジョンソン社の声明:電子レンジで当社のプラスチック製品を使用してダイオキシンが発生することはありません 

ジップロックの容器や電子レンジ対応のバッグ製品は、電子レンジでの解凍と再加熱の要件を満たしています。
ダイオキシンが生成されるのは、塩素がある環境下で、ご家庭の電子レンジでは到底達することのない高温にさらされる時です。 
数年前、電子レンジでビニール袋を使用することは危険なのではないかと指摘する声がありました。それは、ビニール袋の中で脂肪を温めることにより放出されるダイオキシンがやがて人体の細胞に入り込み、結果としてがん細胞を生み出す危険性が高まるという内容でした。調査したところ、それは誤解を与え、必要以上に人を不安にさせる情報だったことが明らかになりました。

ダイオキシンが生成されるのは、塩素がある環境下で、摂氏800度以上の超高温にさらされる時です。最も強力な家庭用電子レンジでも、そこまで高温になることは絶対にありません。理論上、摂氏800度以上に達したとしても、ジップロックブランドの製品はどれもダイオキシンを生成することはありません。

安全にお使いいただける製品をお客様に提供することは、私たちの重要な責任だと考えていること、そして当社のジップロック製品は、使用方法を守れば安全かつ効果的にお使いいただけることを、ぜひ皆さまに知っていただきたいと思います。当社の製品はすべて、毒性と安全性の面で大規模な評価を実施しており、適用される品質や安全に関する法規制を順守している、または多くの場合それらを上回っていることが確認されています。

重要なことは、ジップロックの容器と電子レンジ対応のジップロックバッグ製品はいずれも、電子レンジでの解凍と再加熱、常温、冷蔵、冷凍の各温度に関する米国食品医薬品局(FDA)の要件を満たしているという点です。

さらに、ジップロックのZip’n Steam™製品は、電子レンジを使用して調理する際の温度に関するFDAの要件も満たしています。

ファミリーカンパニーである当社にとって、SCジョンソン社製品をお使いになるご家族の健康と安全以上に大切なことはありません。だからこそ、事実を明らかにすることが何よりも大切であり、ラベルの使用方法に従えば、これからもジップロックをはじめとする当社製品を安心してお使いいただくことができます。

プレスリリースSC Johnson Accelerates Progress Boosting Plastic Recycling and Reuse

ファクトシートSCジョンソン社、買収を経て優良ブランドを獲得

品質の高い製品SCジョンソン社の声明:DEET配合の虫よけ製品は、ラベルの使用方法に従えば、安全にお使いいただくことができます

品質の高い製品グレードプラグイン製品についてのインターネット上の噂に対するSCジョンソン社の声明

プラスチックSC Johnson Signs Groundbreaking International Commitment to Tackle the Plastic Pollution Crisis

プレスリリースSC Johnson and Plastic Bank Team Up to Address the Global Ocean Plastic Crisis

その他の記事

その他の記事

その他の記事