SCジョンソン社の寄付活動プログラムでは、税引き前利益の5パーセントを慈善事業に寄付しています

SCジョンソン社は助成金や製品の寄付を通して知己社会の発展に貢献

コミュニティへの還元:1937年以来、SCジョンソン社は、税引き前利益の5パーセントを慈善事業に寄付しています。
SCジョンソン社の慈善事業は、社会サービス、教育、サステナビリティ、その他の支援を必要としている分野を対象としています。

当社は、事業を行うすべての地域の向上を支援したいと考えています。私たちもその地域の一員だからです。1世紀以上前、当社の創業者であるサミュエル・カーティス・ジョンソンから始まったこの大志は、当社のバリューステートメントによって確固たるものとなり、世界各地のSCジョンソン社社員によって実践されています。

1937年以来、SCジョンソン社は、税引き前利益の5パーセントを慈善事業に寄付しています。2017年は、当社が社会貢献活動を開始してから80年という節目の年であり、当社の慈善団体SC Johnson Giving, Inc.は設立から約60年が経ちました。

当社の寄付活動の主な対象となっているのが、当社の事業所地域のコミュニティにサービスを提供している、あるいは直接影響を与える施設や組織です。対象分野:

  • 社会サービス:ベクター媒介性疾患の予防と撲滅を支援する取り組み、貧困の軽減または撲滅を推進するプログラム。
  • 教育:読み書き能力の育成、何らかの障がいを持つ乳幼児への教育的支援、STEM(科学・技術・工学・数学)教育などを含む、質の高いインクルーシブ教育を提供するプログラム。
  • 環境&サステナビリティ:プラスチック廃棄物の削減または排除、リサイクルの啓発と推進、および環境保全に関する取り組み。 
  • 米国における製品の寄付

SCジョンソン社の社会貢献活動は、助成の依頼に対応する形で行われるものもあれば、当社が自ら見出したニーズに応えるために実施されるものもあります。

米国以外の団体・組織の方は、それぞれの地域で行われている社会貢献活動について、SCジョンソン社の各国事業部にお問い合わせください。

米国内でSCジョンソン社の助成金に申請するには、米国を本拠とする501(c)(3)団体として登録済みの適格な非課税組織、または学校、図書館、公的機関などの政府事業体であることが条件となります。

当社では、個人への助成は行っておりません。また、人種、肌の色、宗教(教義)、性別、性表現や性転換、年齢、国籍(祖先)、障害、配偶者の有無、性的指向、軍役の有無などを理由に差別を行うことを方針としている組織に対しては、その差別方針が明文化されたものか、慣習的に行われているものかを問わず、支援を行っておりません。

米国での助成ポリシーについて詳しくは、当社の助成に関するFAQをご覧ください。

米国での助成金申請
上記の基本ガイドラインを満たしている場合は、当社のオンライン申請にて、助成申請手続きを開始してください。
助成金の申請
米国の助成金申請ページに戻る
すでに助成金の申請プロセスを開始されている場合は、こちらをクリックして申請ページに戻ることができます。 
Return to a U.S Grant Application
米国およびカナダ国外からの助成金申請
米国およびカナダ国外での助成ポリシーについて詳しくは、当社の助成に関するFAQをご覧ください。
申請に関する情報はこちら

地域社会への寄付 SCジョンソン社、地域コミュニティのためのアクアティックセンターに出資、子供たちの水泳学習を支援

社会的責任SCジョンソン社はエコセンターとともに、ルワンダのマラリア撲滅運動を行う女性起業家を支援する

地域社会への寄付 SCジョンソン社助成金:米国における当社寄付金の申請方法

コミュニティDibujando un Mañanaとの協力の下、少女たちの人生を変える手助けをするSCジョンソン社

コミュニティ企業としての慈善事業、社員の奉仕精神:SCジョンソン社はより良いコミュニティ作りに取り組みます

当社の目的SCジョンソン社助成金:当社の慈善事業のガイドラインと重点領域

その他の記事

その他の記事

その他の記事