すべては化学物質でできている:SCジョンソン社が、合成化学物質を否定する意見に異議を唱えている理由

化学物質に関し、皆さんのご家族にとって重要なのは、その物質が天然か合成かということよりも、効果的で安全かという点です。
SCジョンソン社では、Greenlist™プログラムを活用し、使用するすべての化学物質を慎重に評価し、人への安全性や環境衛生への影響を確認しています。
バラの花にどのような成分が含まれているか考えたことはありますか。あるいは、バナナ、ラズベリー、ブリュッセルスプラウトについてはどうでしょう。これらの植物も、地球上のあらゆる物と同様に、化学物質でできています。

そんなことは当然と思われるかもしれませんが、「化学物質無添加」の家庭用製品が欲しいという声が、驚くほど多いのが現状です。そこで当社は、化学物質、責任、透明性について、さらにはお客様に信頼していただける選択を行うためにSCジョンソン社が行っている手順について、語っていくことにしました。
企業が使用している成分の安全性については、様々な誤解があります。私は科学者として、この状況を憂慮しています。また、一人の父親として、自分の家族だけでなく、皆さんの家族にとっての製品の安全性に、強い関心を持っています。
フィスク・ジョンソン, (SCジョンソン社 会長兼CEO)
天然化学物質のほうが合成化学物質よりも良いと思っている人が大勢います。そして、残念なことに、製品の特長として「天然」を謳うことが、今のマーケティングのトレンドのようになっています。

当社の会長兼CEOであるフィスク・ジョンソンは次のように説明しています。「『天然製品は化学物質を含んでいないので安全』という神話が、一部の企業によって長い間語り継がれてきました。しかしこれは、真実ではありません。真実は、自然界のあらゆるものに化学物質が含まれている、ということです。」

重要なのは、合成化学物質を選ぶことが、責任ある選択と言える場合もあるということです。例えば、森林の持続可能性を考えずに伐採し続ければ、ヤシ油のような天然成分を使うことは森林破壊などの悪影響につながります。あるいは、天然成分に含まれるアレルゲンは、合成原料であれば取り除くことができる場合もあります。

つまり、合成成分のほうがベターな選択になることもあるのです。もちろん、製品の処方として天然成分が最適なケースもあります。SCジョンソン社では、1つ1つの製品に対し、様々な選択肢を評価し、十分な情報に基づいて選択するということが何よりも大切であると考えています。
動画
天然成分と化学成分の比較
合成化学物質よりも、天然化学物質のほうが良いと思っている方が大勢いますが、果たしてそれは本当でしょうか。

SCジョンソン社では, 使用するすべての化学物質を慎重に評価し、人の健康や環境への影響を確認しています。 当社では、厳しい基準を設けたGreenlist™プログラムと称する成分評価法を開発し、当社製品の継続的な改善に役立てています。

このプログラムには、安全性に関する基準も設けられています。酸素や水も例外ではなく、地球上に存在する成分はすべて、過剰に摂取すると有害になることがあります。そこで、どこまでが安全で、どこからが安全でなくなるのかを判断するため、当社では製品に含まれる全成分の評価を実施。安全性に関する業界基準を遵守した上で、さらに厳格な評価を行っています。

重要なのは、もうすべて分かっている、などと思い込まないことです。Greenlist™プログラムの基盤となっているのは、成分自体とその成分が人々の健康や環境に及ぼしうる影響に関する クラス最高の科学的データ を継続的に収集する取り組みです。 

当社では、サプライヤーから情報を収集し、科学的信頼性が保証された一般公開データの不足部分を補う作業を行っています。また、人や環境への毒性の専門家で構成される第三者委員会に、本プログラム全体を 中立的立場から審査 していただいています。

皆さんのご家族にとって最適な選択をするために、当社が最善を尽くしているということを、ぜひ知っていただきたい。そんな想いから、当社では、Greenlist™プログラムの情報を公開しています。
フィスク・ジョンソン, (SCジョンソン社 会長兼CEO)

当社のGreenlist™プログラムおよび透明性への取り組みについては、現在、当社の成分表示ウェブサイト WhatsInsideSCJohnson.com, の米国版でご覧いただけます。このサイトでは、当社が高めていきたい議論の内容と、その重要性について、詳しくご紹介しています。

すべての化学物質は1つ1つ違います。ですが、科学的データを集め、責任ある選択をすれば、お客様に信頼していただける家庭用製品を作ることができる、と当社は考えます。当社は、自社製品に自信を持っています。

成分SCジョンソン社Greenlistプログラム:人々の健康や環境の保護に、より役立つ製品の成分を選択

透明性成分の透明性に関するSCジョンソン社の取り組み

成分科学的根拠に基づいたSCジョンソン社の原材料選択の一例となるガラクソリド

透明性秘密はありません。SCジョンソン社は、芳香成分に対して100%の透明性を導入しました。

目的に根ざした製品100%の透明性:グレードフレッシュシトラスブロッサムコレクションは、全成分表示を公表

成分化学的安全および家庭の安全を提唱:SCジョンソン社はTSCA(有害物質規制法)の改正を推進

その他の記事

その他の記事

その他の記事