プラスチック廃棄物の根絶:プラスチックの再利用を増やし、プラスチック汚染を食い止めるためのSCジョンソン社の取り組み

SCジョンソン社は、エレン・マッカーサー財団が主導する「新プラスチック経済グローバル・コミットメント」創立時に署名した参画企業です。
「当社の成功の測定基準は、次の四半期の財務報告書ではなく、次の世代にどのような世界を受け渡すかです」 − SCジョンソン社
SCジョンソン社が、地球のために正しいことをするという長期的なコミットメントに参画していることは、皆様もお聞きになったことがあるでしょう。革新的な製品の成分選択プログラムから、CO2排出量の削減に対する継続的取り組みまで、当社では未来の世代により良い世界を受け渡す責任を重視しています。

しかし、そうした姿勢だけではなく、当社が作る製品も見直す必要があります。そこで2018年、当社は当社製品の責任を確実に果たすためのさらなるステップとして、地球規模で拡大するプラスチック汚染による危機に対処するための、官民一体となった画期的な連携に参画しました。

当社の会長兼CEO、フィスク・ジョンソンは、エレン・マッカーサー財団が国連環境計画の協力の下で主導する「新プラスチック経済グローバル・コミットメント」に署名した数少ないCEOの一人となりました。同活動は、プラスチックの循環型経済(サーキュラー・エコノミー)を生み出すための企業共通のビジョンを確立するものです。
 
エレン・マッカーサー財団や他のグローバル組織と協力して、当社はプラスチック廃棄物の根絶に寄与する新しいプラスチック経済を生み出すための野心的なコミットメントを掲げ、一致団結してその実現に取り組みます
SCジョンソン社会長兼CEO、フィスク・ジョンソン
フィスクは、エレン・マッカーサー氏とエリック・ソルハイム国連環境計画事務局長とともに、2018年10月にインドネシアのバリで開催された2018年アワ・オーシャン・カンファレンス(Our Ocean Conference)で、「グローバル・コミットメント」の立ち上げに参加しました。現在、250以上の団体がこの活動に署名しています。 

グローバル・コミットメントでは、プラスチック汚染の根本原因に対処し、プラスチック汚染の「ニューノーマル(新常態)」を確立することを目指します。その最初の目標は、問題となっている不要なプラスチックパッケージを排除し、使い捨てパッケージから再利用可能なパッケージモデルへと移行することです。2025年までにすべてのプラスチックパッケージが簡単かつ安全に再利用、リサイクルまたはコンポスト化できるように革新を進め、新しいパッケージや製品に再利用またはリサイクルされるプラスチックの量を大幅に増やすことで、製造されるプラスチックの循環利用を目指します。
インドネシアのバリで開催された2018年アワ・オーシャン・カンファレンスで、「新プラスチック経済グローバル・コミットメント」を立ち上げるエレン・マッカーサー氏。
マッカーサー氏は同プログラムについて、次のように述べています。「新プラスチック経済グローバル・コミットメントは、プラスチックのサーキュラー・エコノミーを生み出すために必要なものについての明確なビジョンの下に団結した、世界中の企業や政府、その他の団体とともに制限を定めるものです。これはまだ困難な旅路のほんの一歩に過ぎませんが、いずれは社会や経済、環境にとって非常に大きな利益につながるでしょう」

SCジョンソン社では、この取り組みの一助となり、再利用やリサイクル、プラスチックに関する当社のこれまでの取り組みを発展させていくことに期待を膨らませています。当社のこれまでの取り組みを以下にご紹介します。
Windex®、スクラビングバブル、オフ!、ミスターマッスルといったSCジョンソン社のブランドには、製品パッケージだけに重点的に取り組む専門のスタッフがいます。長年にわたり、当社では自社製品のパッケージを体系的に評価し、不要なものを排除して、リサイクル可能な代替材料をできる限り使用するようにしています。

2011年から2016年までで、当社は自社製品のパッケージから850万キログラムの材料を排除しました。2017年には、主にプラスチックパッケージからさらに100万キログラムを削減。その一例が、グレード® ソリッドエアフレッシュナーです。同製品のデザイン変更により、新しいプラスチック容器が導入されました。この容器は従来の容器よりも16%軽く、機能的にも優れていて、年間520トンのプラスチック利用削減を実現しています。
 
SCジョンソン・プロフェッショナル事業では、ディスペンサーに直接取り付けられるリサイクル可能なつけかえ用カートリッジと再利用可能なスプレーボトルを考案しました。1本の濃縮カートリッジが、平均で使い捨てボトル16個分に相当します。

これら2つの例は、廃棄物削減に向けた当社の取り組みのほんの一部に過ぎません。
(上) : グレード® ソリッドエアフレッシュナーは、従来の容器に比べ、プラスチック利用を16%削減。
下部 : SCジョンソン・プロフェッショナルのTruShot™つけかえ用は、平均で使い捨てボトル16個分に相当。
SCジョンソン社でこれまでに進歩を遂げている別の分野としては、再利用を見据えた製品デザインがあります。当社の消費者向け住居用洗剤スプレーボトルは10,000回の使用にも耐える設計で、平均で13回つけかえ再利用ができます。SCジョンソン・プロフェッショナルのソープディスペンサーは、数千回のつめかえで7年間使用できる設計になっています。

また、ジップロックブランドの袋製品と容器は100%再利用可能です。残念ながら、消費者の皆様には製品デザインが意図したほどは袋製品を再利用いただけていないかもしれません。そのため、同ブランドでは今後、再利用に関するプロモーションを強化する予定です。
当社の成功の測定基準は、次の四半期の財務報告書ではなく、次の世代にどのような世界を受け渡すかです
SCジョンソン社会長兼CEO、フィスク・ジョンソン
プラスチック廃棄物を本当の意味で根絶するためには、さらなるイノベーションが必要です。そのため、当社では業界全体でも大きな変化を推進しようと努めています。

ジップロックの袋製品に使われているプラスチックフィルムなど一部の材料は、他の材料と比べて現時点ではリサイクルが容易ではない場合があります。これらはリサイクル不能というわけではありません。実際、リサイクル可能です。リサイクルに必要なプロセスへの投資に見合うだけの用途が、リサイクル可能な材料にはないというのがその理由です。

当社はこれを変えようとしています。リサイクルの障壁となっているものは何かをよりよく理解し、その障壁を乗り越えるための解決策を見出すため、当社はリサイクル業界の専門家と何百時間も協議を重ねてきました。

プラスチックフィルムのリサイクルを行わない最大の口実は、リサイクル後のプラスチックフィルムが価値を生むエンド市場が存在しないという主張でした。しかし、当社は2018年にジップロックブランドのリサイクル済みゴミ袋を発売することにより、その主張が誤りであることを証明しました。米国のリサイクルセンターで回収されたジップロックの袋製品をはじめとする、ポストコンシューマリサイクル材料のプラスチックフィルムを100%使用した初のゴミ袋です。

このゴミ袋は、リサイクル後のフィルムが埋立地へ行くことなく、価値ある新製品に再利用できるという確たる証拠となりました。当社はこの証明をもとに、米国のコミュニティにおけるプラスチックフィルムのご家庭でのリサイクル事例を増やしていきたいと考えています。
(上) : つめかえ用濃縮洗剤は、住居用洗剤スプレーボトルの再利用を可能に。
下部 : ジップロックのゴミ袋は、プラスチックフィルムのリサイクル価値を示す一例。
一般認識を大きく変える方法として当社が期待しているもう一つが、住居用洗剤のつめかえ用濃縮洗剤です。当社は長年にわたり、様々な市場でつめかえ用洗剤やつめかえ用濃縮洗剤を販売してきました。その中の一つが、2011年以来米国で行っている住居用洗剤のつめかえ用濃縮洗剤の試験的導入です。しかし、受け入れは容易ではないのが現状です。

従来、米国をはじめとする多くの先進国市場では、消費者が洗剤のつめかえにかかる手間を避け、新しい商品を購入することを好んでいました。しかし、プラスチック廃棄物への注目が高まるにつれ、受け入れが進むことを当社は期待しています。

つめかえ用製品は、使い捨て製品から出る廃棄物の削減に大きく寄与するため、当社はこうした製品に引き続き投資をしていく予定です。
 
当社はまた、海洋プラスチック問題にも重点的に取り組んでいます。プラスチックによる海洋汚染は、世界中の生態系に害を及ぼしています。専門家によると、毎年少なくとも800万トンものプラスチックが世界中の海に流れ込むといいます。

2018年に当社は、インドネシアに8軒のリサイクルセンターを開設するため、Plastic Bankとのパートナーシップを発表しました。これらのリサイクルセンターでは、収集したプラスチック廃棄物を持ち込んで、現金や物品、サービスと交換することができます。地元の人々は社会にインパクトを与えるこのプロジェクトの恩恵を受けることができ、プラスチックはリサイクル後、「ソーシャル・プラスチック®」として再利用されます。

当社の初期投資では、インドネシアにおける海洋プラスチック問題への対処に重点を置いています。インドネシアは世界で最も豊かな海洋生物多様性を有する一方で、プラスチック汚染レベルが高い国です。同国では、2025年までに国内の海洋廃棄物70%削減を目指しており、当社はこれに協力しています。
SCジョンソン社は、いずれプラスチック汚染がなくなり、サーキュラー・エコノミーで世界中の廃棄物の大部分を管理できる日が来ることを心待ちにしています。その日が来るまで、私たちは解決策を生み出すために私たちの役割を懸命に果たしてまいります。

新プラスチック経済グローバル・コミットメントへの署名を終えた会長兼CEOのフィスク・ジョンソンは、次のように述べました。「当社の成功の測定基準は、次の四半期の財務報告書ではなく、次の世代にどのような世界を受け渡すかです。エレン・マッカーサー財団や他のグローバル組織と協力して、当社はプラスチック廃棄物の根絶に寄与する新しいプラスチック経済を生み出すための野心的なコミットメントを掲げ、一致団結してその実現に取り組みます」
新プラスチック経済グローバル・コミットメントへの署名の席で、エレン・マッカーサー氏とロベルト・アンプエロ・チリ共和国外務大臣と話すSCジョンソン社会長兼CEOのフィスク・ジョンソン(左)。

グローバル・コミットメントの中心原則に沿って、SCジョンソン社が推進している活動を以下にご紹介します。

  • 2025年までに、SCジョンソン社のプラスチックパッケージを100%リサイクル可能、再利用可能、コンポスト可能にする。現在、当社のプラスチックパッケージの90%がリサイクル可能、再利用可能、コンポスト可能な設計になっています。
  • 2025年までに、SCジョンソン社のパッケージに使用するポストコンシューマリサイクル(PCR)プラスチックの量を3倍に増やす。当社は、パッケージに使用するPCRプラスチックの量を、1,000万キログラムから3,000万キログラム超に増やします。この活動の一環として、当社は北米および欧州のボトルに使用するPCRプラスチックの割合を、2025年までに現状の20%から40%にまで引き上げます。
  • 2025年までに、SCジョンソン社製品のつめかえ用濃縮洗剤の種類を拡大する。2011年より、当社は米国で、住居用洗剤スプレーボトル製品のつめかえ用液体濃縮洗剤を製造しています。各スプレーボトルは10,000回使用できるよう設計されています。これは、平均で13回つけかえ再利用ができる計算になり、そのたびに使い捨て製品の使用を回避することができます。当社では今後も、つめかえ用濃縮洗剤の種類を拡大し、消費者の皆様がパッケージを再利用することで廃棄物削減に貢献していただけるよう努めてまいります。
  • 引き続き、過剰なプラスチックを可能な限り排除する。SCジョンソン社は、当社製品のパッケージデザインから不要な包装を排除することに絶え間なく力を注いでいます。2011年から2017年までで、当社は自社製品のパッケージから950万キログラムの材料を排除しました。
  • プラスチックフィルムのご家庭でのリサイクルを支持する。SCジョンソン社では、米国においてジップロックブランドの袋製品をはじめとする柔軟性の高いプラスチックフィルムのご家庭でのリサイクルを実現できるよう引き続き努めてまいります。また当社では、何度でも再利用できるようデザインされたジップロックブランドの袋製品の再利用を推進しています。
  • 業界およびその他の組織との協力し、プラスチックのサーキュラー・エコノミー・モデルを支持する。当社は業界およびNGOと協力してプラスチックのサーキュラー・エコノミーをこれからも支持し、埋立地や環境からプラスチックを排除する取り組みを進めてまいります。

「新プラスチック経済グローバル・コミットメント」については、こちらをご覧ください。

 

海洋プラスチック:SCジョンソン社、インドネシアのプラスチック汚染に対する取り組みを通じて、現地のご家庭を支援

プレスリリースSC Johnson Accelerates Progress Boosting Plastic Recycling and Reuse

目的に根ざした製品コンポスト可能なビニール袋、ジップロックはコンポスト回収サービスを支援し、埋め立て廃棄物を削減

リサイクルジップロックバッグ製品のリサイクル:ご家庭でのプラスチックフィルムのリサイクルを目指して

リサイクルSCJリサイクル:イノベーションと教育により中南米のリサイクル率を向上

成分SCジョンソン社Greenlistプログラム:人々の健康や環境の保護に、より役立つ製品の成分を選択

その他の記事

その他の記事

その他の記事