SCジョンソン社は、ウェブサイトにて全ての製品の成分リストを公開しました。

2016/17年度のSCジョンソン社による透明性推進プログラム:2017年サステナビリティレポートからの抜粋

2009年、SCジョンソン社は製品選択に役立つ情報をお客様にご提供するため、成分透明性プログラムを立ち上げました。 
現在、SCジョンソン社の成分透明性プログラムは、52ヵ国、50億人以上の消費者の皆様に拡大しています。
SCジョンソン社では、ご家庭で使用される製品についてお客様に十分ご理解いただきたいと考えています。当社は、お客様とそのご家族が正しい選択をする上で必要な成分情報をご提供するとお約束します。 

2009年、SCジョンソン社は、購入製品に関するできるだけ多くの情報をお客様にご提供するため、成分透明性プログラムを立ち上げました。業界全体の発展に伴い、当社もまた成長を続け、成分情報をより多くのお客様に毎年お届けできるようになりました。

現在はウェブサイトWhatsInsideSCJohnson.comで、世界52ヵ国、50億人以上の消費者の皆様に向けて、成分/原材料に関する情報を提供しています。サイトは34ヵ国語に翻訳され、全体で5,300種類を超える製品の情報を掲載しています。 

当社の製品成分に関する透明性においては、情報開示できないものはなく、着実に実績を伸ばしています。本レポートの公開に先立ち、当社は、人体や環境への有害物質分野における一流の専門家とSCジョンソン社のGreenlist™プログラムの詳細情報を共有し、独自の審査を実施しました。 
当社では、製品の購入に際し、消費者の皆様に十分な情報に基づく選択をしていただけるよう、使用するすべての成分を開示したいと考えています。
SCジョンソン社会長兼CEO、フィスク・ジョンソン
2016年、当社は、製品に含まれる芳香成分を公開したヨーロッパ初の大手消費者向けパッケージ商品のメーカーとなりました。併せて、オンラインで製品の総合的な成分情報の提供も開始しています。それだけではありません。2017年には、成分透明性プログラムをアジア太平洋地域にまで拡大しました。

現在のWhatsInsideSCJohnson.comの拡大状況は、アジア太平洋地域の20ヵ国(オーストラリア、ブルネイ、ベトナム、ニュージーランドなど)にまでおよび、各国のお客様に1,500種類以上の当社製品の芳香成分をご覧いただいています。ウェブサイトはご利用しやすいよう9ヵ国語に翻訳され、ご自由に言語を選択いただけます (インドネシア語、マレー語、英語、日本語、韓国語、標準中国語、タイ語、繁体字中国語、ベトナム語)。今後は中南米諸国に拡大予定です。
情報開示プログラムのグローバルな拡大を誇らしく感じていますが、業界水準を上回る取り組みはこれが初めてではありません。2017年はSCジョンソン社のフレグランスパレットの公開5周年という節目の年でもありました。フレグランスパレットとは、WhatsInsideSCJohnson.comにて芳香成分について知るチャンスをご提供したものです。

2012年のパレット公開は、製品ごとに芳香成分を開示した最初のステップとなり、2015年に完了しました。

当社の会長兼CEOフィスク・ジョンソンは、このように述べています:「当社では、製品の購入に際し、消費者の皆様に十分な情報に基づく選択をしていただけるよう、使用するすべての成分を開示したいと考えています。また、当社は成分選択に真摯に取り組み、継続的な製品改善に鋭意努力を重ねています。当社の製品をご購入いただくお客様の日々の暮らしにおいて、ぜひ信頼と信用を獲得したいと考えています」。

SCジョンソン社のフレグランスパレットを作成するにあたり、当社は多数の基準から、使用する可能性のある香料成分を評価しています。現在、約3,700種類以上の化合物が当業界で使用されていますが、基本的な安全情報が不足している、または高い基準を満たしていないそのうちの2,400種類の化合物を当社では使用していません。

そのため、当社の製品開発者は、新製品の開発時や既存製品の更新時に、当社で使用が認められている1,300の成分をまとめたパレットの中から香料を選択して使用しています。
SCジョンソン社は、消費者の皆様に製品の成分情報を開示しています。
タイムライン
透明性の先駆け
2009 –
2018
タイムラインを見る
 
 
当社の目標は常に、製品をお使いいただくご家族の皆様にとって正しいことを行うというシンプルなものです。同時に、当社の取り組みが業界内の議論を促進し、発展を促すきっかけとなれば、さらなるメリットが生まれるでしょう。業界全体で同じ方向を向いて歩めれば大変喜ばしいことです。この1年で、プロクター・アンド・ギャンブル社、レキット・ベンキーザー社、ユニリーバ社は、フレグランスの情報開示に向けそれぞれの方針を発表しました。

ケリー・ゼムラウ(SCジョンソン社、グローバル総務部門、コミュニケーション部門、サステナビリティ部門、シニアバイスプレジデント)は、「私たちの提言が、透明性の推進活動において業界全体をけん引する役割を果たしていれば、これほど嬉しいことはありません」と述べています。「透明性は、当社が多大な情熱を注いでいる取り組みなのです」

この考えに共感いただけるなら、この取り組みを実らせたいと同じように願うことでしょう。SCジョンソン社ならびに他の企業が透明性をより推進していくことは、消費者の皆様や私たちの住む世界にとって大きなプラスになるはずです。
2017年サステナビリティレポート
SCジョンソン社は25年以上も前から、環境への取り組みと影響に関する報告書を世間に公表し、透明性の面で業界をリードしてきました。最新結果をご覧ください。
レポートを確認する

透明性成分の透明性に関するSCジョンソン社の取り組み

成分成分の透明性:SCジョンソン社では、ご家族のために最適な選択をしていただけるよう製品の成分/原材料リストを開示しています

透明性企業の透明性に関する約束:SCジョンソン社は芳香成分についてより多くの情報を皆さまに開示します

透明性秘密はありません。SCジョンソン社は、芳香成分に対して100%の透明性を導入しました。

透明性SCジョンソン社は、皮膚アレルゲンに関するすべての情報を成分リストにてあなたとその家族に公開

サプライチェーンSCジョンソン社のサプライヤー行動規範:より良い生活を目指し協働するための基準

その他の記事

その他の記事

その他の記事