透明性の伝統から生まれる信頼 SCジョンソン社2017年サステナビリティレポートに関するQ&A

SCジョンソン社が考える誠実さは、消費者の皆様にすべての情報を理解していただけるよう、透明性の確保に積極的に取り組むことです。
SCジョンソン社最高サステナビリティ責任者:「単にしなければならないことをするのではなく、自分たちがすべきだと思うことを実行します。」
世間では、SCジョンソン社のような企業ともなれば自社製品について真実を伝えるべきであると考えられています。SCジョンソン社が考える「誠実さ」は、さらに先を行っています。消費者の皆様にすべての情報を理解していただけるよう、透明性の確保に積極的に取り組むことです。

ケリー・M・ゼムラウ(グローバル総務部門、コミュニケーションおよびサステナビリティ部門、シニアバイスプレジデント)は、「SCジョンソン社は今後も高い透明性を追求していく」と説明します。
当社は単にしなければならないことをするのではなく、自分たちがすべきだと思うことを実行します。それにより、透明性が高まり、お客様との信頼を築くことができるようになります。
SCジョンソン社最高サステナビリティ責任者、ケリー・ゼムラウ
現在世界的に、信頼度が極めて低い状態が続いています。信頼度調査の「2018 エデルマン・トラストバロメーター」は、企業や政府、メディア、非政府組織が正しいことをしていると考える一般の人々は半分にも満たないという調査結果を発表しています。そして、その信頼度は低下の一途をたどると想定されます。

SCジョンソン社は、信頼は必ず獲得しなければならないものであり、それはいくつかの要素に左右されると考えます。その要素の1つ目は、お客様が当社の製品を使用する際に仕様通りに、そして安全に製品が機能するかどうかです。2つ目は、SCジョンソン社の社員にとって安全で働きがいのある職場づくりや、環境を保護し、当社が拠点とする地域社会を改善するための取り組みをどのように実践しているかです。 

3つ目は、透明性です。当社の製品だけでなく環境問題やサプライチェーン、当社が犯した失敗など、良い面も悪い面も必ず情報を公開しなければなりません。 

4つ目は、誠心誠意事業を行っているかであり、それはSCジョンソン社にとって揺るぎない重要な価値観となっています。つまり、倫理を守って正しい行動をし、当社のお客様や利害関係者に真実を語るということです。それこそが、SCジョンソン社が透明性に取り組み、当社製品の成分だけでなく、成分を厳選する際に応用している科学についても合わせて詳細を公開している理由です。

そうした価値観は長い間SCジョンソン社のDNAの一部となっており、当社が行うすべての行動においてこれからも私たちを導くこととなるでしょう。
「透明性や社会的責任を通じ、顧客との信頼を構築する」というテーマのポッドキャストを録音するケリー・ゼムラウ
森林の保護活動についてポッドキャストのインタビューを受ける、SCジョンソン社最高サステナビリティ責任者のケリー・ゼムラウ
恐らく中でも一番大きいのは、一般の人々が化学物質に対してもともと抱いている不信感でしょう。当然、さまざまな企業が化学物質を不適切に使用し、失敗を犯したことが原因である場合もあります。 

紛らわしい情報も問題です。例えば、自然界に存在する成分の方が安全であるという考えもありますが、必ずしもそうではありません。自然界には、有害な化合物があふれています。 

また、化学物質がはっきりと認識できない場合は使用を避けた方がよいという考えもあります。ですが、そのような化学物質はレモンやローズオイルなど自然界に存在する多くの物に含まれていることもあるのです。
まずは、当社が使用する成分やそれらの使い方、そしてその背後にある科学を公開することから始めます。それは、本音で語り合い、合成成分よりも自然界の物質の方が安全だなどという迷信や誤った情報を正すということでもあります。

当社のGreenlist™プログラムは、常により良い成分を模索する上でも役立ちます。当社はこれからも透明性を追求し、お客様のためになる情報を提供できるよう、当社の開示プログラムの枠をさらに広げていきます。

例えば2017年には、当社製品によって潜在的に生じる可能性のある368の皮膚アレルゲンの物質を開示しました。開示する義務があったわけではなく、当社は開示することを選びました。洗い流すタイプの製品においては、当社はそれらの物質を0.01パーセントのレベルまで公開しています。専門家の多くが、そのレベルであれば、皮膚アレルゲンへの反応を引き起こす可能性が低いという見解で一致しているにも関わらず、です。

当社は単にしなければならないことをするのではなく、自分たちがすべきだと思うことを実行します。それにより、透明性が高まり、お客様との信頼を築くことができるようになります。
2017年サステナビリティレポート
SCジョンソン社は25年以上も前から、環境への取り組みと影響に関する報告書を世間に公表し、透明性の面で業界をリードしてきました。最新結果をご覧ください。
レポートを読む

フィスク・ジョンソン十分な情報に基づく選択:SCジョンソン社会長兼CEOからの2017年サステナビリティレポートに関する書簡

GreenlistSCジョンソン社のGreenlist™プログラムについて:2017年サステナビリティレポートからの抜粋

透明性2016/17年度のSCジョンソン社による透明性推進プログラム:2017年サステナビリティレポートからの抜粋

フィスク・ジョンソンSCジョンソン社現会長兼CEO、フィスク・ジョンソン

透明性成分の透明性に関するSCジョンソン社の取り組み

受賞歴世界各地でSCジョンソン社に授与された賞と表彰

その他の記事

その他の記事

その他の記事