ファミリー企業の本拠地であるウィスコンシン州ラシーン市に恩返しをする、ジョンソン・ワックスの創設者サミュエル・カーティス・ジョンソン

サミュエル・カーティス・ジョンソンが築いた、企業の社会的責任および地域貢献とその基準

SCジョンソン社に伝わる慈善事業の伝統の始まりは、街の改良事業に収入の10%を寄付していた創業者にまで遡ります。
「多くの人が共感するのは、地域社会の利益を考えるリーダーでしょう」 SCジョンソン社4代目経営者、サム・ジョンソン

先祖代々伝わる家族の物語があり、それが後に続く世代が目指す理想の中に息づいている。そんなご家族も多いのではないでしょうか。これは同族企業である当社にも当てはまります。そして、当社で受け継がれている伝統の一つが、慈善事業です。

慈善事業の歴史は、1886年にSCジョンソン社を創業したサミュエル・カーティス・ジョンソンにまで遡ります。サミュエルは毎年、自身の収入の10パーセントを当社のホームタウンであるウィスコンシン州ラシーン市の都市改良事業に寄付していました。

地域社会の若者の支援に熱心であることで知られたサミュエルは、地元YMCAの会長を務めたほか、YMCAとYWCAに多額の寄付も行っています。さらに、ミシシッピ州ブラクストンの職業訓練校をサポートしたり、特別な支援を必要とする子供たちをケアする「サンシャイン・ソサエティ」の州代表を務めたりもしました。

こうした若者の支援に対する関心は、当社の価値基盤の一つとなっています。今日、SCジョンソン社では、識字プログラムやSTEMトレーニングなどの教育活動への資金提供や、支援を必要とする子供たちに希望を与える活動のサポートを行っています。

チェスを楽しむサミュエル・カーティス・ジョンソン
苦労の多い人生を歩んできたにもかかわらず、サミュエルは成功を収めた後も、自分を優先するのではなく、世の中に還元する方法を考える人でした。

サミュエルは、ビジネスは単にお金を稼ぐためだけのものではないと考えていました。彼が撒いたこの種は、後の世代によって育まれました。当社の指針となる理念や、社会で企業が果たすべき役割に対する当社独自の考え方を初めて成文化したのは、サミュエルの息子であるハーバート・F・ジョンソン・シニアでした。

その後、サミュエルの孫、H.F.ジョンソン・ジュニアは、この考えをさらに発展させ、社外のコミュニティが健全でなければ、社内に健やかな環境を育むことはできないという「インサイド・アウト」理論を打ち出しました。H.F.は生前、自らの資産のほとんどを寄付し、企業の慈善活動を支援しました。

当社4代目経営者、サム・ジョンソンもこの伝統を受け継ぎ、あらゆる場面で企業の社会的責任の実現や奉仕活動を奨励してきました。「多くの人が共感するのは、何よりも会社の利益を最優先にするリーダーよりも、地域社会の利益を考えるリーダーでしょう」と語っていたサム。1960年代から2000年まで、彼のリーダーシップの下で会社の規模が拡大するにつれ、慈善事業とボランティア精神という企業理念も進化していきました。

多くの人が共感するのは、何よりも会社の利益を最優先にするリーダーよりも、地域社会の利益を考えるリーダーでしょう。
SCジョンソン社4代目経営者、サム・ジョンソン

最近では、当社の現会長兼CEOフィスク・ジョンソンがこの歴史ある当社の伝統を引き継ぎ、毎年、税引き前利益の5パーセントを、世界中のご家庭の生活をよりよいものにするための慈善事業にあてています。ほんの一例ですが、2016年と2017年には、デング熱やジカ熱など蚊を媒介する病気と闘っているご家族の支援活動と関連製品に1,500万ドルの寄付を行いました。

当社の経営者は代々、会社の地域貢献活動を強化し、その範囲を拡大させてきました。とはいえ、この理念を最初に現実のものにし、その後1世紀以上にわたって受け継がれるための基礎を据えたのは、サミュエルでした。

ジョンソンファミリージーン・ジョンソン:SCジョンソン社の良心、そして児童の教育支持者として

当社の目的SCジョンソン社助成金:カナダにおける当社寄付金の申請方法

地域社会への寄付 SCジョンソン社は助成金および製品の提供を通じてコミュニティの発展に貢献

当社の理念「This We Believe(私たちの理念)」が5世代にわたりSCジョンソン社を導いてきました。

地域社会への寄付 SCジョンソン社の慈善事業とSCJ Giving, Inc.

会社SCジョンソン社はファミリーカンパニーです

その他の記事

その他の記事

その他の記事