SC Johnson Europlant Boomerang

SCジョンソン社ユーロプラントの「ブーメラン」:インスピレーションの尽きない建築

オランダにあるSCジョンソン社のユーロプラントは、モダニズムと、卓越した建築手法、環境保護のリーダーシップを具えた存在。
「ブーメラン」の愛称で知られる建物は、SCジョンソン社のユーロプラント全体がまるで池の上に浮いているような錯覚をあたえています。
SCジョンソン社の建築のなかで心に残るものといえば、フランク・ロイド・ライトが設計を手がけた本社ビルがよく話題にあがります。ですが、当社の誇る珠玉の建築は、ライトの作品だけにとどまりません。全世界で最も興味深い建物のひとつであるユーロプラントは、そのアドミニストレーション・ウイングの卓越した形状を特徴としています。 

ユーロプラントは「ブーメラン」の愛称で知られており、オランダのマイドレヒトにおいて見る者に新鮮な驚きを与える建築物です。 
当社の建物は、我々が高くかかげるビジネススタンダードおよび、事業拠点のコミュニティと各国、その両方への私たちのコミットメントを象徴する存在となった。
ユーロプラントのアドミニストレーション・ウイングは、1960年代初期に建築会社「Maaskant, Van Dommelen, Kroos and Senf」により設計されました。見事なコンクリートの彫刻でかたち作られた翼が舞う下には、装飾用の池が。

1966年のジョンソン・ニュースレターでは、当時オランダで最も目を引くビジネス建築デザインのひとつとして表現されています。「プールのさざ波の光が、つねに建物に反射してきらめいて、きらきらと光る滑らかな布地のような効果を出している。ガラスでできた壁は、空とまわりののどかな風景を映し出し、絶え間なく変化する光と影の模様をかたち作っている。」

ウイングは、それ自体で独立しているかのように見えますが、廊下をわたった先には当社のヨーロッパ最大の製造施設と繋がっています。ユーロプラントでは、年間およそ4億点もの製品を製造しています。
SCジョンソン社ユーロプラントの起工式を祝うジョンソン一家
1963年の起工式で、ユーロプラントの建築モデルをながめるサム・ジョンソンとその一家(中央)。
ユーロプラントのアドミニストレーション・ウイングの下にある池は、16の天然井戸から水をひいており、火災時の安全対策として再利用できるようになっています。実際、ユーロプラントの敷地内で使用される水は、すべてリサイクルされています。また敷地内には、二酸化炭素の削減を目指した植林プログラムの一環として、9ヘクタールの面積にわたって木が植えられています。
 
さらにユーロプラントでは、当社最大の風力発電プロジェクトに取り組んでいます。2009年に、初の自社所有となる風力発電機を設置しました。高さ80メートルの風力タービンが、ユーロプラントの稼働に必要な電力のおよそ半分を供給し、残りは風力発電の電力を購入しています。
ヒュー・マースカントの「ブーメラン」は風力エネルギーで稼働
ユーロプラントの一部の電力は、当社所有の高さ80メートルの風力発電機によってまかなわれる。写真提供:Marilene Dubois 
1964年の開設以来、ユーロプラントの製造チームは、より効率的かつ持続的に運営を行うための新しい方法を絶え間なく模索してきました。ユーロプラントは現在、SCジョンソン社の最大の製造拠点のひとつでありながら、埋立地への廃棄物ゼロを達成しています
 
かくしてユーロプラントが1960年代に受けた栄誉は、今も脈々と引き継がれています。「ユーロプラントは、躍動的で先進的な、未来へと羽ばたきつづける覚悟をもった企業の象徴である」

会社FAQ:SCジョンソン社に関する質問への答えとお問い合わせ

建築SCジョンソン社キャンパスに華を添える、受賞歴を誇る名建築:Fortaleza Hall

ツアーフランク・ロイド・ライトが設計したSCジョンソン社の建物:ぜひ会社見学ツアーへ

ツアーFAQ:見学ツアーのご計画には、SCジョンソン社見学ツアーに関するFAQをご覧ください

ツアーSCジョンソン社へお越しください:ツアーへのご参加を検討中のお客様へ、詳細情報をご案内しております。

建築SCジョンソン社の建築

その他の記事

その他の記事

その他の記事