SC Johnson partners with Dibujando un Mañana, a women’s charity, to give back to the community

Dibujando un Mañanaとの協力の下、少女たちの人生を変える手助けをするSCジョンソン社

企業の社会的責任:SCジョンソン社は寄付により、メキシコの少女や若い女性が貧困、ホームレスやネグレクトを乗り越えて立ち上がれるよう支援しています。
SCジョンソン社は過去12年間において9,400万ペソ(およそ500万米ドル)以上を寄付し、メキシコの子供たち3万人以上の支援にあてています。
企業活動をする場所はどこであれ、SCジョンソン社がいるからには、生活をよりよいものにしたい。これが、私たちにとっての社会的責任の理念です。メキシコでは、5,500万人の人々が貧しい生活を余儀なくされています。そこで私たちが焦点を当てるのは、少女や若い女性がホームレスやネグレクトを乗り越えて立ち上がることができるよう、支援することです。
 
そのために当社はDibujando un Mañanaと協力し、少女を対象とした教育やトレーニング、カウンセリングを提供すべく、ここ数年でTú Peudes Ayudarプログラムに500万米ドル以上を寄付してきました。実施したサンプルプロジェクトには、学校内コンピュータラボの建設、支援ホームの改築やグループホームへのカウンセラー提供などがあります。
 
事業拠点がどこであれ、私たちを導く基本理念は同じである。コミュニティ内で私たちのもつ力が大きくても小さくても、変化を生み出すことは可能であり、また私たちにはその義務がある。

SCジョンソン会長兼CEO、フィスク・ジョンソン

Dibujando un Mañanaとのコラボレーションにより、当社の長きにわたる慈善事業の歴史にまた、ご家族の生活をよりよいものに向上できる機会が生まれました。12年前に「Tú Peudes Ayudar」プログラムを開始して以来、私たちは9,400万ペソ(500万米ドル)以上を寄付してきました。メキシコ共和国の18州において、3万4,000人近くの子供たちがこれによる恩恵を受けています。

Dibujando un Mañanaは、350以上の支援先団体からなるネットワークを介して、企業と、助けを必要としている個人、そして支援を必要としている団体のつながりを提供しています。
Dibujando un Mañanaへ企業からの寄付をおくるSCジョンソン社
SCジョンソン社からTú Peudes Ayudarプログラムへの寄付が、18の州で少女たちの力となりました。写真提供: Dibujando un Mañana財団
 SCジョンソン・メキシコおよび中米のジェネラルマネージャーを務めるLuis Manuel Hernandez Rojasは、次のように語ります。「Dibujando un Mañanaと手をとりあい協力をつづけられることを誇りに思う。貧困やネグレクトの影響を受けた人びとを健やかで幸福な生活へと導くうえで、私たちの貢献とコラボレーションがこれからも役に立ちつづけるよう願う。」

コミュニティCarnaúbaを称えて:SCジョンソン社がスポンサーを務めるブラジルロウヤシ(Carnaúba Palm)に関する教育的展覧会

教育実践で学ぶ科学:Mr Muscle科学実験室が南アフリカのSTEM教育に寄与

教育ドイツの科学教育振興に役立っているSCジョンソン社のNeanderLAB支援

健康SC Johnson to Support Development of 40 New Health Posts in Rural Rwanda

コミュニティ企業としての慈善事業、社員の奉仕精神:SCジョンソン社はより良いコミュニティ作りに取り組みます

社会的責任SCジョンソン社はエコセンターとともに、ルワンダのマラリア撲滅運動を行う女性起業家を支援する

その他の記事

その他の記事

その他の記事